ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
平成最後の・・・
iPhoneにて
初めてまあるく写せた
平成最後の満月です。







| 2019.04.20 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
本質を響き合わせていく時代〜小田真嘉さんのメッセージ
これから世の中は
どう変わって行く?


そんな曖昧な問いへの答えは
たぶん無数にあるのでしょうね。


だからこそ
出会った情報もご縁だと思うし
ピンと来る!という
自分の感覚は大切にしたいと思っています。


メルマガやFacebookを通して
普段からその視点に共感している
小田真嘉さん。


先日のブログ記事の視点や言霊が
とても響いたので

このブログで繋がるみなさんにもお伝えさせていただきます。



私は「自分に優しく」の意味が
自分の真実と共に在る事だとしたなら

その先に何があるのかを知りたかったのです。


その答えの一つが
小田さんの言う「和合力」だと
とても腑に落ちました。


本文から一部抜粋させて頂きますが
全文は、ぜひ小田さんのブログをお読みくださいね。

「成長のヒント」人生・仕事の潮流が変わる秘密と秘訣


*小田真嘉さんのブログより

これからの新時代は

「和合力」


自分の本質(個性)を発揮すると同時に
周りと響きを合わせていきながら

新たなつながりをつくっていく。


和合力を養う第一歩は


1番の理解者や仲間をつくって、大切にすること。


常識や当たり前を超えて、おもしろくすること。


反対者や批判者に負けずに、思いを貫くこと。




自分の本質(個性)を発揮すると同時に
周りと響きを合わせていきながら

新たなつながりをつくっていく。


仲間を大切に
常識や当たり前を超えて
思いを貫く・・・


新時代の在り方。




   



| 2019.04.19 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
気づきこそが安らぎへの道
私たちは
もともと互いに
全く別のものの見方で
世界を見ています。

それが個性やユニークさであり
私たち誰もが
この世界で唯一無二の
価値ある存在です。


「あなたにはあなたのものの見方があり
私には私のものの見方がある」

この前提で互いに関わっていれば
日々はおそらく安らぎと共にあるはず。


ところが日々はそう単純なものではなく
この前提は十分にわかっていても
相手のものの見方が
どうしようもなく感情を逆撫でし
苦しくなる時があります。


私もそんな自分に多々巻き込まれます。
巻き込まれるたびに、そこから抜け出す近道を探して来ました。


その近道とは

『自分のものの見方』を今まさに重要視しているとただ気づくこと


自分のものの見方もただの正論だという気づきを忘れていることに、ただ気づくこと


今自分が正しさを主張し、排除し、やり合うことを選択していると、ただ気づくこと


自分の在り方への気づき。
そこに安らぎがあります。


今、この瞬間この状況の中で
何を選択するのか。
それも全て、ただの選択。
人生は瞬間の選択の連続です。


人生の全ては安らぎと喜び豊かさと共に。






| 2019.04.14 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
タロットカードセッションのその後
つい先日
友人と二人、カラオケで2時間半
夜の時間を楽しんで来ました(^o^)


お互いに気軽な関係の二人。

そのカラオケは
気ままで清々しく
愉快で自由で
それぞれのユニークさ全開!

私も普段はまず選曲しないような
クイーンや美空ひばりも歌っちゃった♪

気がねなく心から楽しめた時間でした。



友人あきちゃんから受けたタロットカードセッションは
最後に具体的な行動を設定し
実際にやってみる事で区切りとなります。

私が設定したのは
「夫とカラオケに行く。それも夜!」

この行動が、家族間の調和を保つために自覚なく続けてきた
「不可能という決めつけ」
を壊していく第一歩だと感じたのです。

普段は夜に二人で出かける機会は全くないので
だからこそ行くのだ!と意気込んでいました。


ところが、母を一人残して二人で出かけるというイメージは
時間が経つにつれて、重くなり安らぎが感じられなくなって来るのです。

そこに私は幸せを感じていない。
そう感じた時点で夫とのカラオケは先送りにしました。

一方で、ただカラオケに行くというのはとにかく軽い。

カラオケには行きたいなぁと思っていたら
「私も行きたいと思ってたのー!」
という友人が現れ(笑)
サクッとカラオケを選択できました。


一度決めても変更可能。
柔軟でいる事の心地よさ。

周りの目など全く気にせず
自分のユニークさを現す清々しさ。

夫が全面的にサポートしてくれる幸せ。

これらを十分に味わいながら
さらに行動して行こう。
その一つ一つが調和に繋がる道になると感じています。




| 2019.04.10 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
彼女のタロットカードセッションは占いにあらず

先日、友人あきちゃんの挑戦に貢献させていただきました。
*ブログはこちらから♪

彼女の挑戦とは?
そして私が受けとったものとは?




先日のあきちゃんの挑戦は
今彼女が学び中のタロットカードセッションを「有料で」提供するというもの。

有料でセッションする事は
彼女にとってはとても怖くてハードルの高い挑戦だったようです。


私があきちゃんのモニターセッションを申し込んだのは1ヶ月以上前のこと。
その時から有料で受ける!と決めていました。

まさかそれが彼女の挑戦に繋がっている事など、全く知る由もなかったのですが。



さて、あきちゃんが行うタロットカードセッションをザックリと説明すると・・・

まず最初に
セッションのテーマを設定します。

私が設定したのは
「私がただ私でいるだけで、この現実にお金というエナジーが安らぎと共に現れる道」というテーマです。


テーマが決まると続いて
「現状・課題・アドバイス」を現すカードを三枚、
伏せた沢山のカードの中から私が自分で引いていきます。


次にそれぞれのカードを見ながら
私が感じるもの、
ふと浮かんで来るものなど
思うまま話をしていきます。

この間、セッションする側からは
「占い的なコメント」は一切ありません。

タロットカードを使うけれど、
このセッションは占いではありませんでした。


今回、私がとても驚いたのは、
自分で選んだ三枚のカードから共通のキーワードを読み取れた事です。

それは【調和】というキーワード。

家族の調和
職場の調和
出会う人たち同士の調和など

人間関係が調和されている事が
私には重要事項なのだと気づき始めます。

さらにセッションを進めていく中で
最初に設定したテーマとフォーカスされていくキーワードが徐々に重なり

行動に向かう道すじか明確になっていきました。


調和を求めることはもちろん間違いではありません。

ただ、重要視すればするほど
自分を制限する枠組みにもなります。
そこに囚われ他の選択肢に気づきにくくなるのです。

「自分が何を重要視しているのか」
そこを知るのがこだわりから自由になる第一歩でもあります。


あきちゃんのセッションを受け
私が求める調和は
自分が天秤皿の中心の点になってバランスを取ることではなく

水が滞りなく流れるような
柔軟さと豊かさを伴った調和だと気づいていきました。


このカードは三枚目に引いたカード、
私へのアドバイスを示すものです。

両手に持った水瓶の水は右から左へ、左から右へと流れ続け
その水は枯れることなく
豊かに循環し続けます。


さらにカードには示す意味があり
それを教えてもらいました。

このカードは戦車二台分の力強さも示しているそうです。

「自分で創ってきた枠を取り払い、柔軟に力強く前進する道」
そんなアドバイスを自分の内側から感じました。


セッションの最終場面は
次の一歩に向かい「行動で示す」課題を一つ見つけていきます。

見つけた課題を実はさっそく行動してみました。
何を行動したかについては長くなるのでまた後日!





| 2019.04.07 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
ただ私でいるだけで貢献となり愛される


昨日、友人あきちゃんが
この葉書を持ってやってました。

彼女がやってみたかった挑戦を
私を使って実現するために。


それは私にとって
何より嬉しい事でした。

なぜなら
私が求めている一つは
何者でもないただの私のままで
周りや自分自身に
ささやかでも貢献する事なのです(^o^)


そんな私の望みを
あきちゃんが叶えてくれました。

私も彼女が求める挑戦という望みを叶えていて
お互いの存在が
貢献になっているのは間違いありません!


私が私でいるだけで
愛される
ただ存在しているだけで
愛される



愛には
良きも悪しきも醜きも
全て含んだ安らぎがありますね。



今から5年ほど前
私のFacebookのフィードに
突然姿を現したあきちゃん。

それまで全く繋がりも関わりもなかった二人が
その一瞬の出会いから
今に至るまで
離れる事なく繋がり続けて来たキセキに
ただただ感謝です。


そしてまた大きな何かに
背中を押されて
安らぎと喜び豊かさが
今ここにあることを
学んでいると感じています。





| 2019.04.05 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
新元号を迎える朝に感じたもの
新たな元号「令和」が発表されました。

実際には後1ヶ月、平成が続くわけですが
新元号が公表されたその瞬間から
人々の意識は大きくシフトし、新たな時代へ向かっていると感じます。


昨日、新元号の発表があと1時間ほどに近づいていた朝

私はクイーンのCDを聴きながら車を走らせていました。

その時、突然なんの前触れもなく
フロントガラスを通して見ていた景色が
一段階明るく暖かく変化したように感じました。

そして運転を続けながら
まさに今この時、日本中に人々の穏やかな意識が満ちていることがわかったのです。

きっとこれまでも私たちは
穏やかで平和な日々を求めて来たけれど
現実にはまだほど遠く

新たな時代は「平和」というような抽象的な価値観も
共有され現実となり
みんなが安らぎと共に生きる時代になる・・・


また、令和の「れい」の音が
「霊=目には見えない世界」にも繋がり
心の時代というエナジーも感じています。


これらは全て
もちろん根拠などはなく
私個人の覚書として記しておきます。





| 2019.04.02 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
再発の経験からの気づき
昨日のブログ記事
数名の方から感想をいただきました。
感想を聞かせて下さった皆さん、ありがとうございます(^o^)


その中のお一人は
ご自身の病気という大きな出来事を通して
多くの気づきや学びに繋がった経験を聞かせて下さり

さらにこのブログを訪問してくださる方々にも
その気づきをシェアさせていただくことになりました。

体験を通しての想いが響きます。


ーーーーーー


おはようございます!

私と私の体は…

4年前に子宮頚がんを患い
治療後4ヶ月もしないうちに仕事復帰を果たし
数ヶ月で元と同じように生活し、仕事する事ができました。

けれど、それから3年も経たないうちに肺に転移して
今までの生活は一変しました。

今思うと体が悲鳴をあげていたんだと思います。
早く元通りの自分に戻らなきゃと焦っていたんだと思います。
病気した体を労ってあげることもなく
早く生活や仕事に復帰出来た事を
誇らしく思っている自分がいました。

しかし違いました。
もっともっと自分を大切にしなさいと言うメッセージだったんだと思います。

以前の私は何でも1番でなくてはいけない、頑張っていない人は許せないと思っていて
多分、自分が1番だと思っていたところがあったと思います。
自分が居ないと始まらないくらいに思っていました。

しかし違いました。
仕事は自分が居なくてもそれなりに動いていて
それぞれが責任を持ち
以前よりまとまっている感じもあります。

ただし家庭は違いますね(^o^)
自分が居ないとまわらないところが多く
それが又心地よかったりしています。

自分の人生を振り返ってみると
病気になる前は何もかもが順調で
明るい未来が待っているような気がしていました。

今は自分を大切する事、どんな自分も許す、認める!と思っています。
それは人に対しても同じです。
ただなかなか出来ないですが…(^^;)

今あるもの、今出来る事に感謝していきたいと思います。

ということで

体と私の体は
最近少しずつ歩み寄っているかもしれません。

今はこうして客観的に
自分自身を振り返れるようになりました。


ーーーーーー


病気をするまでは
自分にも周りにも厳しく

病気になっても初めは
以前と同じ自分を求め
元通りに復帰できた自分を誇らしくも感じていた・・・

そして再発という現実が
自分を大切にすることや、どんな自分も認め、許すことに繋がり

その在り方は自分だけでなく
周りの人たちへも広がっていった・・・


こうして今の自分をそのまま率直に表現する姿に感銘を受けます。

経験からの気づきには
穏やかさを感じると同時に
その方にとっての真実というエナジーがあります。

この場で共有できることが有り難いです。






| 2019.03.25 Monday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
私と私の体は互いに貢献し合っている

私が日頃から興味深く思っているテーマの一つが、「私」と「私の体」についてです。

とても興味があるのに表現するのは難しい!
だからこそ敢えて、今日は書いてみようと思います(^o^)



まず「私」とは?
シンプルに言えば、それは意識です。
目に見える実体はないけれども、間違いなく今ここに在り、私を私たらしめているもの。
「私」は私の存在の中心にあります。

「私」は何一つ限界がなく、無限に開かれ広がることもできます。

時間や空間を超え
過去にも未来にも
遠いあの場所へも
今は会えない記憶の中にいるあの人に会いにいくことも

自由に制限なく羽を広げることができます。

それが「私」



一方、「私の体」は
制限にまみれ
不器用に実体として存在しています。

「私」が無限だとしたら
「私の体」はまさに有限。

有限の肉体は
窮屈で不自由。
時間の制限、空間の制限
あらゆる制限(現実)の中で
実際に行動し体験をする存在です。

お腹が空く
喉が乾く
眠たい
朝陽が眩しい
風が冷たい

このように全ての五感を通して
実際に体験していくのが「私の体」です。


実は無限の「私」と有限の「私の体」は
お互いに貢献し合う関係にあります。

体という実体が無ければ
無限の「私」は実際には人生を体験できず

無限の意識が求めるからこそ「私の体」はこの人生で行動を通して体験ができます。

両者がバランス良く在ることで
私たちは安らぎと共にこの人生を歩いて行けるわけです。

もしどちらかが極端に優位な状態になると
現れる現実はアンバランスとなり、安らぎからは遠ざかります。

「私」が極端に優位になると
地に足がついた経験が不足し

「私の体」が優位になり過ぎれば
どんなに経験を重ねても、学びや気づきが不足することに。


体や心、身の回りで起きる出来事などがしっくり来ていないなら
この両者のバランスを整えていくというのも、選択肢の一つかもしれません。

私はボディートークやアクセスバーズの施術や情報には、そのバランスをサポートする可能性を感じています。

この辺りのこと、またブログに記して行きます。






| 2019.03.24 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
自分に優しく
みんなが贈ってくれる
ありがとうを

ただそのまま
心地よく
完全に
受けとろう!


自分に優しく・・・
まずそこから(^o^)




| 2019.03.21 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT