ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
受けとり上手になろう
褒め上手の方は
ほめほめポイントをたくさん持っていますね。

先日、私をたくさんたくさん
褒めてくれる場面があって

見た目や行動、内面的なものなど
随分あるものだなぁと感心しながら

「ありがとう!」
と喜んで受けとらせていただきました。

その方の目に映る
私の姿を伝えてくれて
有り難いなと感じています。


以前の私は
褒められるのが苦手でした。

「いえいえ、それほどでもありません」
「いやいや、全然、そんなことないです」
「ダメです」
「下手です」
「未熟です」
「できてないです」

全力で受けとり拒否(笑)


いつの頃からか
受けとれるようになったのは
一人一人に全く別のものの見方(観点)があると腑に落ちて
実感できるようになったからです。

他の方のものの見方に触れるのは
自分を客観的に知る機会。

許容するあり方〜受けとり上手へと、少しずつ変化して来ました。


褒めてくれるのも
その方のものの見方。

逆に批判的な判断をされるのも
その方のものの見方。

それらの全て
私の真実かもしれないし
そうではないかもしれません。


褒められたら嬉しいし
批判されたらちょっとショック!

もちろん上がったり下がったりもするけれど

その思考や感情は
あくまでも表面上の私が反応していて

真ん中の安らぎのスペースには
いつも変わりない私も存在しています。

そんなイメージで過ごしていると
良きも悪しきも
全てが何かしらのメッセージと思えます。














| 2019.06.16 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
芍薬の花言葉


美しい芍薬をいただきました。


花言葉は
はにかみ
恥じらい
慎ましさ、など。


芍薬の姿から浮かぶ言葉は
もっと華やかさをまとっているイメージだなぁ…

そんな思い込みと先入観から
いかに自由になるのか。


日々のあらゆる事柄に
共通しているね。










| 2019.06.11 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
そっと距離を置くという選択
人はとかく周りの人を
自分のモノサシで判断しがちなもの。

モノサシは人それぞれ長さも幅も厚みも個性があって
実は同じものは一つもありません。

自分と他の誰かの「ものの見方」は
100%異なっているのが
人間関係の前提です。

いつもそう考えているから
他の人がどんな見方で私を判断したとしても
私にはあまり影響を与えないだろうな…
そう思っていました。



ところが・・・
現実はそんなに簡単に割り切れるものではありませんでした。

ある時突然にやって来た
私への批判的な言葉に対して
心は揺れに揺れ・・・


お互いにわかり合っていると思っていたのは私の思い込みだったと知り
まず驚き、
そして怒りやら悲しみやらの感情が
奥の方から湧き上がるのを感じました。


感情を味わう数日を過ごした後
一つ気づいたのは
「私も何も相手のことをわかっていなかった」
という事実。

言ってしまえばお互いさま。
そう気づいて私の心は
自然に静まっていきました。


価値観と生き方が
ただ違うだけ。


その方にも私にも
それぞれに心地よい領域があり
お互いその領域を侵される事なく
自由でありたいのです。

私にできるのは
自分の正しさを主張して
相手にわかってもらおうと求めないこと。
承認を求めようとしてやり合わないこと。

そのために
自分の心が静かな安らぎを感じるまで
そっと距離を置こうと決めました。


それから時間が経過して
今はもう心は揺れていません。

けれど、もうしばらく…
このままの距離を保つつもりです。

そっと距離を置くという選択。
相手も自分も尊重するからこその選択です。








| 2019.06.10 Monday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
キタキツネ、その後(パート2)
ちょっ!

よけてくれませんか?




誰からも危害を加えられないと
知ってか知らずか
道路のど真ん中で寛いでます。


車でそーっと近づいて行くと
よけてはくれたものの
若干不本意そう ・・・にお見受けします。







・・・とかね。

こんな意味づけも
人間側の勝手な見方で

彼らの日々は思う以上に過酷なのでしょう。

3匹いた子ぎつねは
いつの間にか1匹になり
親ギツネも以前より痩せて来たように見えます。








| 2019.06.07 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
8月8日は滝川でアクティブブレイン体験会
5月に受講した記憶術の講座は
私には感動の二日間でした。

自己イメージが変わると生き方も変わる〜アクティブブレインセミナー〜


自分では全く気づいていなかった新たな可能性との出会い!

「まさか私が!?」と驚きと共に自己イメージが変わる感動。

その体験は初めてのものでした。


あの感動を皆さんにも体験してもらい
自分自身の可能性を垣間見て頂けたら・・・
同時に周りの人たちの可能性も・・・

そんな思いで滝川市での体験会開催をお願いし、実現することになりました。

ようやく詳細をお知らせできますので
体験会への参加を希望される方は
申し込みフォームからお申込みくださいね。





『アクティブブレイン体験会@滝川』詳細

日 時
2019年8月8日(木) 13:15〜15:15

会 場
滝川市まちづくりセンター みんくる
*滝川市栄町3丁目6番28号

定 員:36名

受講料
¥2,000(親子で参加する場合は高校生以下は無料)

内 容
・記憶の実験その1
・記憶の実験その2
・グループワーク
・アクティブブレインの紹介

講 師
品田マルクス高志さん(アクティブブレイン協会 マスター講師)

申し込みフォーム



| 2019.06.06 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
まるまるお休みの日
まるまる一日お休みの日。

朝起きた時から
「今日はどんな日になるかなぁ」
と気持ちが軽い。

お出かけも良いのだけれど
晴れている空を見上げて即決!

花壇に花の苗を植えよう!
(とっても小さな花壇があるのー)

その後は敷地の雑草をぜーんぶ抜こう!
(もっさもさに伸びて一部スギナジャングル)


お天気次第で予定を決める。
これ最高だな。


ということで
花の苗を買って 前から欲しかったアレも買って
小さな花壇に植えました。

スギナのジャングルもきれいになり
伸び放題だった庭の木も(初めて)剪定バサミで整えました。


なんて素敵な冒険の一日!笑



前から欲しかったアレはコレ。
日焼け予防の優れものグッズ。
↓ ↓



買い物の途中。
空が青い!



寄せ植えも玄関前に置いてみました。






| 2019.06.03 Monday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひでぼー天使の詩(うた)



『僕の夢』

僕の夢、それは平和。

競い合ったり、争ったりすることのない、優しい世界。

それが、僕が生きてる世界。

人と人が助け合い、励まし合い、優しい気持ちや真心で生きていけば、

平和は必ず訪れる。

神様は僕にささやく。

「平和の輪の中に生きよ」と。

本当の幸せ、それはお金や物ではなく、

信じる心だ!

真の心だ!

真心だ!

(「ひでぼー天使の詩」より)




先日久しぶりに
ひでぼーの言葉に触れ

私はあいも変わらず
ひでぼーの伝える世界を
求めていると思い出しました。



重度のしょうがいを持って
この世にやってきたひでぼー。

ある日、お母さんに
ひでぼーからのメッセージが
インスピレーションという形で
届き始めました。

その後たくさんの詩が
お母さんによって書き留められ
ひでぼーがお空に帰った後に
この絵本がつくられました。


実は数年前にもブログでこの詩を紹介させてもらいました。

その時この絵本の作者であり
ひでぼーのお母さんである橋本理加さんから

とっておきの
ひでぼーの写真と

コメントを送っていただきました。


送って下さったコメントによると
紹介した「僕の夢」という詩は

理加さんが一番最初に
ひでぼーから受けとった詩だそうです。



毎日の出来事に
心揺れることも多々あるけれど

ひでぼーの世界に触れると
今、どうあるべきかに気づきます。
自分の中心にも安らぎのスペースがあると
思い出すのです。

今、どうあるか。
揺れて揺れた後
戻る場所は自分の内側に…





| 2019.05.31 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
パッと選択して、サッと行動
行くor行かない?
買うor買わない?
するorしない?

私たちの日常は
常に何かしらの選択の連続です。

「人生の決断の時」
と言える場面もたまにはあるかもしれないけれど

日常の多くは
それほどまでに重要視しなくても
起きる現実は大差なく
どんな選択もOKだなぁと感じています。

大切なのは
選択した後
求めていた結果への執着を捨て続ける事。

もし捨てられずにいると

「やっぱり行っておけば良かった」
(行かなかった事への後悔)

「やっぱり買っておけば良かった」
(手にできなかった物への執着)

「やっぱりしなきゃよかった」
(起きた現実への否定的見方)

と過去の選択の間違い探しへ
気持ちが向かいがちになります。
そして、選択した自分への罪悪感で
苦しみから抜け出せなくなる場合もあります。

けれど…
起きる事への意味づけは
出来事を判断している自分の見方が
そうさせているのだとしたら…

選んだことor選ばなかったこと
何が正しいとか間違いではないのかもしれないのです。


日々は
瞬間ごとの選択の連続。

顕在意識で選んだとしても
潜在意識で選んだとしても
何を選んだとしても
選んだその先を生きる。

選択して、行動する。

その方向は
後ろではなく
今、そしてこれから。

私もそう決めてみたら
思ったよりずっと
生きやすくなって来ました。







| 2019.05.29 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
キタキツネ、その後


滝川の街に点在する菜の花畑も
もうそろそろ花の季節を終えそうです。

田んぼ一枚分の黄色、黄色、黄色〜!
菜の花の黄色はパワーがありますね。



さて、我が家のすぐ近くで子育て中のキタキツネ(過去記事はこちら→

子ぎつねは順調に育っていますが
それ以上に親ぎつねのふっくらとした体や
ツヤツヤした毛並みに目が行きます。


これまで見かけたことのある野生のキタキツネは、
大抵ガリガリに痩せ、野生で生きる過酷さを感じさせていました。

ところが…。



なんと!
餌を与えている人間がいるらしい!

わざわざ車で巣のそばへ来て
キツネたちにたっぷりと
餌をばらまいていくそうです。
(ご近所さん情報)


キツネは一箇所に長く留まらない習性があるらしいのですが
十分に餌がある、と学習してしまうと
この場所に居つく可能性もあります。

それは本来ではありません。

子育てに区切りがついたら山へ戻るんだよと想いながら
「今日もまだいるかな?」
とキツネ親子を観察しています。






| 2019.05.26 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
動いた感情を共有したくなる時に
「とっても嬉しい事があった」
「すごく不安な気持ち…」
「どうしたら良いのかわからなくて辛い」
「腹が立ってしょうがない!」

喜怒哀楽の感情は
現実の出来事によってスイッチが入ります。

入るたびに実は
・嬉しいと反応する事柄
・不安や恐れを感じる対象
・混乱して冷静さを失う場面
・許せないこと、こだわっていること
など、自分が何に反応するかを知る機会になります。

その反応は無意識レベルで制御不能。
反応する事柄は
すでに忘れていると思っていた過去のトラウマ的出来事や
どうしても捨てられないこだわりやものの見方と繋がっているものです。

「ここで私は反応するのかー??」
とそんな自分と出会うわけです。

とは言っても、なかなか冷静に自己分析できるはずもなく
そして一人で抱えきれない時もあります。


時々私の元にも
「聞いてー!」
と連絡を下さる方がいます。

ひとしきり話をした後
「困った時にしか倉本さんを思い出さないんだよね」
と言われたり

「嬉しい事があったから倉本さんに聞いてほしかった」
と言われたりします。

感情が動き、その気持ちを共有したかったという点では
どちらの言葉も同じ意味を持ちます。

誰かと共有したい…
その場面で私を思い出してもらえるなんて
なんて光栄なことでしょうか。

良きも悪しきも醜きも、辛い時も喜びの時もどんな時でも
安心して聞いてもらえるお互い様の関係が安らぎそのものです。


以前、この会話をした時に
友人がササッとオリジナル作品を描いて届けてくれました。

『私はただここにいるだけでいい。選択肢は全て相手にある』









| 2019.05.25 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT