ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市からあなたの喜びと可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ボディートークとの出会いなどインタビューを受けました

 

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの

倉本知寿子です。

 

 

 

先日、Facebookのページ「BJA北日本支部」

私へのインタビューが掲載されました。

 

ボディートークのBJA北日本支部が取り組んでいる

施術士へのインタビューシリーズなのです。

 

皆さんにも読んでいただけたら嬉しいので

ブログでもそのまま掲載いたします(^^♪

 

内容たっぷりです(笑)

 

 

 

こんばんは!

ボディートークの北日本支部の会員さんを紹介するインタビューシリーズです。

 

今回は滝川市の認定ボディートーク施術士 倉本知寿子さんです。

 

 

Q:現在の活動場所を教えてください。

 

滝川市のセッションルームポレポレです。

 

 

Q:ポレポレの意味や由来などありますか?

 

ゆっくり、のんびり」を表すアフリカの言葉です。

出会って下さる皆様も私自身も、ゆっくり焦らずに自分の望む人生を生きる「サポートの場」になればとの思いです。

 

 

Q:アフリカの言葉にしたのは何かご縁があったのですか?

 

以前読んだ本に感銘を受けたのです。

すでに絶版になっている幻の本です(笑)

 

 

Q:どのような内容の本でしたか?

 

著者がアフリカ在住時、予想外のトラブルが数々発生するのですが、その度「ポレポレ〜、ゆっくりのんびりと〜」と

アフリカの方々の力を借りて、明るく楽しくクリエイティブに乗り越えるエッセイです。

自然体でありながらもベストを尽くし、道が開かれる姿は若かった私に深く響き、その後も私の心の中に「ポレポレ的」な考えがずっとあり続けています。

 

 

Q:では、ボディートークとの出会いを教えてください。

 

当時、中学校の保健室に勤務していました。

その同業者の方がボディートークをしていてセッションを受けたのがきっかけです。

 

 

Q:どうしてボディートークを勉強しようと思ったのですか?

 

私の長男が小6の時、原因不明の高熱(診断名は不明熱)で半年ほど入退院を繰り返したことがありました。

大学4年生の秋に不明熱が再発し、そのタイミングでまず私がボディートークに出会いました。

私も長男もセッションを受け始め、自然治癒力を高めるボディートークのアプローチにぴんと来ました。

その後、二人ともボディートークアクセスセミナーを受講しました。

 

*ボディートークアクセスセミナーは一日で学べる健康維持のルーティーンテクニックです。

 

 

Q:それでは、すぐに施術士になったのですか?

 

A:いいえ。施術士になろうとは全く思っていませんでした。

職場でボディートークアクセステクニックは活用していました。

 

 

Q:中学校の保健室で、ですか?

 

はい。ちょうど耐震工事と外壁塗装が行われていた時期で、校舎の全ての窓がビニールで覆われた状態で薬品が使われていました。

シックハウスのような症状の生徒も多く(私自身も)、ボディートークアクセスは大いに役立ちました。

小規模の中学校でしたが、在籍した2年間で全校生徒の多くが一回はボディートークのタップを受けたと思います。

休み時間などに「ひらひらして下さーい」と、気楽に保健室へ立ち寄る生徒も多かったです。

 

 

Q:そこからどうして施術士になろうと思ったのですか?

 

ある日、同僚の教員の腰痛にボディートークアクセスをしたところ、その方の体に変化が現れ、涙もあふれ出し、その後腰の痛みが去っていったのです。

その体験をはじめ、ボディートークと出会ってからの自分や周りの変化も感じていたことから、セッションもできるようになれば何かがさらに大きく変化すると確信して学びに行きました。

 

 

Q:施術士になられていかがでしたか?

 

施術士になってからは放課後にセッションを受ける生徒もいました。

その際は、保護者から事前に許可を得るように配慮しました。

先生たちは大変寛容で、時には生徒に勧めてくれることもありました。

今思うと、不思議な環境でした。

 

 

Q:今も教員なのですか?

 

いいえ。施術士になってから一年後に教員を退職しました。

退職までの一年間、父や同い年のいとこなど身近な人たちの死を体験し、‶いつか”ではなく‶今”を生きていきたいと強く思うようになったのです。

 

 

Q:ボディートークに対する思いをお聞かせください。

 

私はボディートークに出会って初めて、自分の本質的な一面に出会えたと思っています。

そして、幸せに生きることは実は難しい事ではないとも感じています。

そう思える自分に変化してきたのです。

 

今、ボディートークセッションなどをきっかけにして、様々な年代や状況の方に出会わせていただき、皆さんが自らの力を発揮していくのをサポートさせていただいています。

そのような毎日を幸せに思っています。

 

 

Q:これからの展望などありますか?

 

私はたまたまボディートーク療法に出会ってから人生の変化が加速したと感じています。

変化への意欲がある方には、ボディートークも一つの選択肢になるかもしれません。

私で良かったら、サポートさせていただきます。

これからも感じるまま動き出す自分も出会う皆さんも、ただそのまま信頼していこうと思います。

 

 

 

聞き取りまとめてくださった

BJA北日本支部の担当の方には

本当に頭が下がります。

 

また

ここまでこの記事を読んでくださった方

お疲れさまでした。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 




| 2017.04.13 Thursday (21:02) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
クライアント様
こんにちは♪

セッションルームポレポレの倉本知寿子です。



今日、ボディートークセッションを受けに来て下さったクライアント様。

お一人目は、私がまだボランティアでセッションをしていた頃のクライアント様です。

当時は公務員でしたから、副業禁止!セッションは全てボランティアでさせていただいてました。

あっという間に6年近くも過ぎていましたが、クライアント様に必要な場面、大切な場面で思い出して下さいました。


お二人目は、長いお付き合いのクライアント様が、ご自身にとって大切な方を紹介してくださいました。

このように、もともとのクライアント様が、大切な方のために私を紹介してくださる・・・
そこから新たに繋がるご縁があります。
私にとっては、奇跡のようなご縁です。


今日も、クライアント様が閉じていた扉を自ら開け、一歩踏み出す力強さを目のあたりにさせていただきました。


ありがとうございます。



| 2017.02.24 Friday (23:05) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
激しい胃痛へのボディートーク

 

こんにちは♪

セッションルームポレポレの

倉本知寿子です。

 

 

珍しく、激しい胃痛で帰宅した夫へ

ボディートークセッションをしました。

(またもや夫が登場します)

 

 

セッションの所要時間は15分ほど

実にシンプルな内容でしたが

 

夫の心身は無事に

コミュニケーションを回復しました!

 

3タップ目あたりから

胃の痛みは無くなり始め

 

セッション終了時には

痛みはゼロとなり元気復活です。

 

 

今回のセッション内容をシェアします。

 

 

【課題:胃の痛みの軽減】

1タップ目…脳のリンパドレナージ

(脳の明瞭さを促す)

 

2タップ目…切り換え

(ストレスへの対処など)

 

3タップ目…膵臓反射点

(消化器系のバランスなど)

 

4タップ目…リンパ節 鼠径部

(リンパ節の機能をバランス)

 

 

以上です。

 

 

基礎のセミナーで学ぶ項目が中心ですが

一つ一つしっかりと

テクニックを用いてタップでき

 

セッションをしている私も

パワーを感じました。

 

このセッション内容で

なぜ胃の痛みが無くなるのか・・・

 

その解釈は必要としないところが

ボディートークの好きなところです。

 

 

 

ポレポレ1月のスケジュール

 

 

 

 




| 2017.01.17 Tuesday (18:43) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
大脳皮質、さっそく実践してくださいました

こんにちは♪

セッションルームポレポレの

倉本知寿子です。

 

 

 

1月14日(土)、滝川でボディートークの

月イチ体験会が開催されました。

 

体験会ではいつも、参加者の皆さんに

【大脳皮質】というボディートークの

テクニックの一つをお伝えしています。

 

このテクニックは

左脳と右脳のコミュニケーションが

より明瞭になるよう整えることから

 

パニック状態をリラックスさせ

心身に穏やかさとバランスを

回復させる効果があります。

 

 

今回、体験会に参加されたSさんが

その日お伝えした【大脳皮質】を

帰宅後さっそく実践し

その感想を送ってくださいました。

 

「私ので良ければ掲載してください。

一人でも多くの方に響きますように」

 

と快く了承してくださいましたので

一部抜粋し、こちらのブログでも

紹介させていただきます(^^♪

 

 

大脳皮質テクニック セルフはもちろん

家族にやりました!

 

3歳の息子は最後まで待てず(笑)

6歳の娘に至っては効果あり♪でした

 

実は恥ずかしながら

姉弟喧嘩で弟に腕を噛まれ

大泣きした後、初めてやってみたら

「痛いの楽になった」

と嬉しそうに話していました

 

本人が心地よく感じてくれたのが

すごく嬉しかったです

 

娘には

『お母さんが治したんじゃなくて

噛まれて痛い腕を

自分の身体のパワーで治したんだよ!

 

そのパワーを出すお手伝いを

お母さんしただけだよ』

 

↑こんな捉え方であってます!?

こう伝えたら嬉しそうでした

 

やんちゃな子供達にイライラ気味な(笑)

旦那さんにもしてあげたら

「イライラが消えた感じがする」と(笑)

 

お陰さまで我が家にはボディートーク

いい効果が現れそうです♫

 

本当にありがとうございました

 

 

 

【大脳皮質】は

誰でも

なんの道具も使わずに

いつでもどこでも

すぐにできるテクニックです。

時間も、1回に数分しかかかりません。

 

Sさんのように

家族や周りの方へしてあげることができます。

自分自身へすることもできます。

いつでも、どこでも、すぐに。

 

動画を紹介しますので

【大脳皮質】のやり方を観ながら

是非ご一緒にやってみてくださいね。

 

 

 

 

1、大脳皮質を他の人にする場合

 

 

2.大脳皮質を自分自身にする場合

 




| 2017.01.16 Monday (16:06) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
暴走によって〜日本で最もセッションを受けたおじさん〜つづき

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの倉本知寿子です。

 

先日のブログ(暴走によって〜日本で最もセッションを受けたおじさん)の続きを書きます。

 

 

 

 

ボディートークを学び始め、楽しさのあまり暴走していた私は、夫にも連日セッションをしていました。

 

3か月ほど経ったある日、夫がこんなセリフを口にしました。

 

「もう薬は取りにいかない。もうだいじょうぶだと思う」

 

 

・・・

 

 

ええ〜〜〜!?

 

 

 

その薬とは、それまでの約30年、絶対に切らすことなく処方してもらい続けていた、気管支を拡張させるアレです。

 

それもこんな真冬に・・・(冷たい空気はキュッと気管を締めつける感覚があるらしい)

 

でも、喘息はもう治ったことが自分にはわかるというのです。

 

「アクセスも自分でできるし(ボディートークアクセスセミナー受講したので)、それでダメならセッションあるし。一度、薬をやめてみる」

 

それがセッション開始から3か月後の夫の体が出した答えでした。

 

 

 

あれから丸6年過ぎましたが、驚くことに今まで一度も薬のお世話になることなく、喘息はコントロールされ続けています。

 

 

 

ここからが大切な点です。

 

ボディートークは夫の体に何をしたのか?

 

答えは、滞っていたコミュニケーションを修復するよう体に促す、ということをしました。他には何もしていません。

 

例えばある日のセッションでは、呼吸補助筋の一つと腎臓のリンク、という項目がありました。

 

これは呼吸補助筋と腎臓の間にあるべき、情報のコミュニケーションが滞っていることを示しています。

 

セッションでは、その項目に意識をフォーカスしながら施術士が頭部と胸部をタップします。

 

(ボディートークでは、意識のフォーカス+タップというテクニックを用いていますが、このテクニックは量子物理学を土台とした最先端のシステムであり、科学です。ここは、また別の機会に!)

 

 

 

さて、呼吸補助筋は、深い呼吸のためには柔軟性を持って動くのが本来ですね。

 

腎臓は恐れの意識を抱えやすい臓器とも言われていますから、もし、恐れの感情が影響して呼吸補助筋の動きに制限が現れているとしたら

 

呼吸補助筋が腎臓とのコミュニケーションを修復することは、理にかなっているわけです。

 

 

 

どのようなコミュニケーションを、どのような優先順位で修復を促すことで、本来のバランス良い状態に近づいていくのか。

 

ボディートークの施術は、西洋・東洋医学だけでなく、心理学や時には惑星の概念、DNA上にある情報にまでアプローチして、体・心・感情・環境・記憶など包括的にバランスしていきます。

 

 

 

3か月間、夫の体が表現した項目は多岐にわたっていました。

 

・肺、気管支、心臓、胆のう、腎臓などの臓器や体のさまざまな部分

・呼吸にかかわるさまざまな筋肉

・リンパ循環

・水和(細胞間の水のバランス)

・アレルギー

・親元を離れて入院していた幼いころの寂しさや不安の記憶

・点滴の針の恐怖

 

他にもさまざまに。それらが複雑にリンクし合いながら。

 

そうして体は修復の必要なリンクを表現しながら、自ら修復に向かっていきました

 

 

 

夫は今も、雪はねの時には冷気を避けるためマスクを欠かしません。

 

風邪っぽい時や疲労した時には、胸が苦しくなることもあります。

 

ですからまだ完治したとは言えませんが、現在も薬なしで喘息という持病と上手に付き合うことができています。

 

良い状態が継続しています。

 

まさかこんな日が訪れるとは、考えてもいませんでした。

 

 

 

ボディートークで、もし何らかの変化が起きるとすれば、それがその方の体が表現する答えです。

 

施術士は何もしていません。

 

自分以外の人生を変えることなど、誰にもできるはずもありません。

 

変化は自ら起きています。

 

 

 

夫へのセッションはその後も続く・・・

 

 

 

 

ポレポレ1月のスケジュール

 

 

 




| 2017.01.13 Friday (17:16) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
暴走によって〜日本で最もセッションを受けたおじさん

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの倉本知寿子です。

 

 

 

【暴走によって〜日本で最もセッションを受けたおじさん】

注:日本で最も、のワードは確信ありません(*´ω`)

 

 

ボディートークのセッションを覚え始めた私は、楽しさのあまり家族を顧みず暴走の日々を過ごしていました。

 

けれどそれによって、上記でタイトルにあるおじさん(夫)には予想外の素晴らしい恩恵もあったのでした。

 

 

 

お客様が帰られた後。

それは大抵、夜の10時以降。

 

夫は連日の私の練習に付き合うことになりました。

セミナー受講の翌日から一日も欠かさずに(笑)

 

注:と言っても本人は練習台として体を貸すだけ→寝てるだけ。夫も私も何かの効果を期待していたわけではありません。

 

 

 

夫には、喘息の持病がありました。

幼児期から続く筋金入り?の喘息です。

 

 

社会人になって間もなく、大発作で入院してからは、夫は気管支を拡張させる薬を常に手元に置くようになりました。

 

それは、少しでも症状が現れると薬で症状を抑えるため。

 

大発作の恐怖を二度と味わいたくないから。

 

 

 

それをおおよそ30年近くも繰り返してきたのです。

 

 

 

私たちにとって喘息は、大発作が起きないように上手にコントロールできれば最高で、この先もずっと付き合っていくことを受け入れ覚悟していた病気だったのです。

 

 

 

と・こ・ろ・が・・・・・・

 

 

 

セッションがスタートして3か月ほど経った頃、夫の体に変化が起きてしまったのです!

 

 

ここからが核心です。たぶん。

 

すっごく長くなりそうなので、続きはまた書きます(;・∀・)

 

 

 

ポレポレ1月のスケジュール




| 2017.01.10 Tuesday (17:40) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
自己中心的に暴走できた喜び

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの倉本知寿子です。

 

今日の記事は少々長いです。

 

 

 

これまで人生の大半を「協調性がある」のが私の長所だと思って生きてきました(自分で言うのも恐縮ですが)

 

でも、協調性って何でしょうね。

 

それは長所と呼べるものなのでしょうか。

 

 

 

今ならわかるのです。

 

もちろん短所ではないけれど、声高らかに長所だというほどのものでもない。

 

今ならわかるのです。

 

協調性が大事と、そこからスタートしたままならいつまでたっても他人を軸にした人生を歩み続けるということが。

 

 

 

私が協調性を発揮している時、職場はもちろん家庭の中でも軋轢は最小限(たぶんね)、見える現実はそこそこ円満に過ぎていきました。

 

けれど自分が主人公の人生を生きていくには、そこを一度ぶち壊す経験が必要だったのですね。

 

 

 

チャンスは訪れました。

 

それはボディートーク初級セミナーの初受講です(笑)

 

 

 

4日間のセミナー翌日から、わが家の団欒は二階の小さなスペースへ追いやられました。

 

何故なら、居間のソファーはお客様のセッションに使われ始めたからです。

 

 

 

平日は夕食後に、休日は昼夜を問わず、セッションを受けて下さる方々が連日訪れてくださいました。

 

施術士になるとかならないとか、その時の私は考えてもいませんでした。

 

とにかくセッションを覚えていくのが、楽しくて楽しくて。

 

自分の時間はセッションすることが最優先。

 

家族が二階で息をひそめているなどと、これっぽっちも考えることはありませんでした。

 

まさに暴走(笑)

 

 

 

その時期の私が感じていたのは、それまで経験したことのない喜びと幸せ、その上時間はいくらでも与えられている感覚。

 

フルタイムで教員の仕事をしながら、平日も休日も昼も夜も。

 

どうやって過ごしていたのか今となっては全く記憶にありませんが、時間さえも必要なだけ与えられているという安心感の中にいたのは事実です。

 

 

 

自分の幸せな気持ちに従う。

 

なりふり構わず自分中心に周りを振り回す。

 

それがどれだけ大きなエネルギーを生み出し、不可能を可能にするのか、あの時のあの経験がなければ気づかずにいたでしょう。

 

自分も変わりましたが、家族の関係・あり方も大きく変わりました。

 

 

 

協調性もあるけれど、信じられないくらい我がままで自己中心的なのも私です。

 

今は(今のところは)ずいぶん落ち着いた日々を過ごしていますが・・・

 

これから先はどうなるでしょうか・・・。

 

また、新たな出会いや出来事に出会うかもしれません。

 

 

その時、何かを期待したり証明しようと躍起になるのではなく、感じるまま動き出す自分を信頼していたいと思います。

 




| 2017.01.08 Sunday (16:16) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
いつもの教科書になるほど〜な発見☆

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの倉本知寿子です。

 

 

 

 

 

ボディートークの教科書を読んでいたら、とても興味深い言葉が次々に目に入りビックリ(◎_◎)

 

例えば、このようなフレーズがやけに響いてくる。

 

↓ ↓

 

・信念を見直し、それを否定する可能性のあることを提唱するシステムはどれも破壊的

 

・既存の枠組み(パラダイム)を覆すことを目的としている

 

・ボディートークの目的は新たな信念を押し付けることではなく、凝り固まった信念を持つことが調和のとれた人生の対極にあるということを示すこと

 

などなど。

 

 

何度も読んでいる教科書なのに「こんなこと書いてあったっけ〜」と、今さらながら驚いている自分に失笑です。

 

 

でも私自身、これまで創造してきた?しがみついてきた?アイデンティティーを破壊したい、というのはこの所フォーカスしている意識だものね。

 

今だからこそ、腑に落ちるんだろうな。

 

 

私がボディートークやバーズ®に惹かれる理由は、そこだったかぁ〜・・・

 

 

 

 

それでもって今朝の滝川はこれ。

 

↓ ↓

 

 

白い景色は好きなんだけどさぁ。

 

でもまさかの、もう根雪?

 

 

 

 

ポレポレ11月のスケジュール

 

 




| 2016.11.05 Saturday (16:54) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
本日のクライアントさまへ

こんにちは♪

 

セッションルームポレポレの倉本知寿子です(^^)

 

 

 

どなたかがアクセスして下さったことで

 

偶然、目に留まった過去のブログ記事。

 

 

 

心配してもいい怖がってもいい

 

 

 

 

*ポレポレ10月のスケジュール*




| 2016.09.29 Thursday (16:35) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
大脳皮質テクニックの拡散希望☆
熊本地震の発生から1ヶ月。

ニュースなどで取りあげられる内容も
熊本の方々の心身の「ストレス」に関するものが
多くなって来たように感じます。


とりわけ子どもたちのストレスは大きく
カウンセリングを必要としている子どもが
数千人もいるという報告もありました。

子どもにストレスがあるということは
もちろん、そばで見守っている保護者の皆さんも
相当お疲れの事だろうと想像できます。

また、被災した皆さんをサポートしている
さまざまな立場の皆さんにも
ケアが必要なのは言うまでもありません。


このような状況の中
私はボディートーク療法の施術士として
どうしても伝えたい事があります。

それは大脳皮質というテクニックです。

まず、動画をご覧ください。





1つ目の動画は
自分自身に「大脳皮質テクニック」をする方法

2つ目の動画は
自分が他の人に「大脳皮質テクニック」をする方法です。


「こんな事をして、意味があるの?」
と思う方がいようと
「胡散臭い」
と感じる方がいようと
全く構わないと思っています。


それよりも大切なのは
ダメ元でもいいからと
一人でも多くの方に
このテクニックにチャレンジしてもらうこと。

わずか1分ほどのテクニックです。
とにかく動画をみながら
実際にチャレンジしてみてください。

道具は何一つ必要ありません。
いつでも、どこでも始められます。


自分自身へ大脳皮質テクニック!
きっとココロとカラダがリラックスするのを感じていただけるはず。


どなたか身近な方へも大脳皮質テクニック!
親御さんからお子さんへ。
お子さんから大人へ。
ご夫婦でお互いに。
お友だち同士で。
目の前にいる見知らぬ方にも。

さりげないスキンシップとしても
大いに役立ってくれるに違いありません。

1回では何も感じないのなら3回♪
3回でも感じない時は10回♪
チャレンジしてみてください。


さらにできることなら
この情報につながった皆さま
ぜひ、拡散をよろしくお願いします。


*過去のブログ記事(2016.1.16)
 『大脳皮質』で送りだす朝



| 2016.05.17 Tuesday (12:31) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT