ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自分が意図せずとも | main | 今、思うこと >>
映画「うまれる ずっと、いっしょ。」自主上映会 新聞記事に☆
私の住む地域限定で発行されている【プレス空知】
地元で人気の地方新聞です

先日、プレス空知さんに
映画上映について取材をしていただきました
そして、掲載された記事がコレです!
↓ ↓ ↓

私たちの思いを記事にまとめ、伝えていただきました
本当に感謝の気持ちでいっぱいです

この記事を目にしたみなさんが映画に興味を持って下さり
観てみようかな・・・と思って頂けたら
こんな嬉しいことはありません

こうしてたくさんのサポートを受け
新たな繋がりを感じながら
活動させて頂いています

記事にはありませんが、滝川6月20日(土)の上映に続き、旭川でも6月21日(日)に上映されます
滝川・旭川のリレー開催です

さらに皆さんに知っていただけるよう
当日まで動き続けようと思います


それでは
写真では少々読みにくいと思いますので
記事本文を紹介します

プレス空知さん、ありがとうございました!

*******

【命と家族の絆を描く 勇気をもらえる映画です】

「うまれる ずっと、いっしょ。」は、平成22年に上映されたドキュメンタリー映画「うまれる」のシリーズ第二章。
前回は「誕生」をテーマに4組の夫婦の物語にスポットをあて、40万人以上を動員した。

今作は「家族の絆」がテーマ。
「血のつながりのない息子を育てる父親」「最愛の妻を失った夫」「不治のしょうがいを持つ子を育てる夫婦」−と3組の家族が登場する。
昨秋に公開され、現在も全国で自主上映されている。
厚生労働省の社会保障審議会の特別推薦も受けている。

滝川市での上映会は前作を鑑賞して感銘を受けた、ここ空の倉本さんと壬生明子さんが企画。
以前に「うまれる」が旭川で上映された時、壬生さんが公演を手伝った縁があり、続編の滝川・旭川リレー上映会開催が実現した。

滝川上演は20日?午前10時?午後2時−の2回(開場は30分前)で、うち1回目は小さな子ども連れでも鑑賞できるよう「ママさんタイム」とした。

倉本さんと壬生さんは、「改めて家族の絆を再確認するきっかけになると思います。特に家族について悩みを持っている方にもぜひ見てほしい映画です」と呼びかけている。

前売りチケットは一般1200円(当日1500円)、4歳以上中学生以下600円(同800円)、3歳以下無料で発売中。
チケットは滝川市役所売店、TSUTAYA滝川店、ペコのこや、たきかわホールで取り扱い。

詳細はフェイスブック(「ここ空〜ここ空知で本物に出逢う会〜」で検索)か、ここ空の倉本さん(携帯090・2053・0831)

*******






| 2015.06.11 Thursday (22:02) | ここ空 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/212
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT