ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 楽しいから続けているんだと改めて思った今日 | main | 初セミナー終了〜!の秋分の日 >>
小森ファームでは稲刈り開始しました
6月末に田植え終了を見届けてから、早3ヶ月。

田植え直後はこ〜んなに小さかった苗も・・・




見事に成長し、辺り一面こがね色です!




そして、いよいよ今日から稲刈り開始!
稲の向こうに小森さん運転のコンバインが見えます。




コンバインは田んぼの外から内へ向かって周回しながら
もくもくと稲を刈り取り
容量が一杯になる毎に、待っていたトラックへ稲を移動します。

コンバインが一杯になるのはだいたい2〜3周くらい。




トラックはすぐに納屋へ移動し、乾燥機まで伸びるホースを装着。




この乾燥機(といっても本体は大きすぎて写していませんが)
遠赤外線で乾燥させるため、昔ながらの「はさ掛け」に近い乾燥状態になるのですって!
小森さんのお米が美味しいのは、ここにも理由があったのですね。
なるほど〜。




田んぼ脇のコンバイン跡。



約1時間後。
田んぼ一枚分の稲刈りが・・・




終了しました!




稲刈りという作業は
家族総出での肉体労働・・・
ずっとそう思っていました。

けれど、
もうそういう時代じゃないらしい・・・。

コンバインで刈り取る小森夫さん。
トラックを移動して、納屋での作業を進める小森妻さん。
このお二人だけで、稲刈り作業はサクサクと進んでいました!
実に効率的です。

この半年、種植えから収穫まで少しずつ見学させていただき
私が思っていた農業へのイメージは
ずいぶん変わりました。

さらに小森ファームさんが生産しているお米は
化成肥料ゼロ&農薬使用も限りなくゼロの特別栽培米無農薬米のみの
安心で美味しいお米です。

新たな時代に必要とされる米づくりに向け
さまざまなチャレンジをしている小森ファームさん。

これからもお世話になります!
そして、さらなるチャレンジをこれからも見届けていきます!







 



| 2015.09.22 Tuesday (17:40) | 小森ファーム | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/238
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT