ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市からあなたの喜びと可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 紫陽花の名はダンスパーティー | main | 一年ぶりです! >>
戦わない、という選択

こんにちは♪

久々にブログ更新します!

 

 

 

先日、予防接種ワクチンのおはなし会に参加しました。

そこで感じたことをまとめてみます。

少し長くなるかも、です。

 

 

 

この会を主催したのは

子育て真っ最中の若いお母さん。

 

彼女自身が日頃から感じていた

予防接種への素朴な疑問がたくさんあり

 

一度、専門的な立場の方から聞いてみる機会を!

と動き出しました。

 

 

 

当初はほんの小さなおはなし会を想定していたそうです…。

 

 

 

ところが発信を始めてみると…

 

 

 

知りたい!知りたかった!

と求めていた方がこんなにたくさん参加しました!!

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

小さなお子さんを抱っこやおんぶで

一生懸命聞いている方がたくさんいました。

 

 

主催の彼女自身も

我が子をおんぶしながら

目と心を配って

ずっと会場中を動き回っていました。

 

 

別室ではボランティアで託児を申し出た方々が

講演中たくさんのお子さんをお世話していました。

 

 

子育てをすでに終えている参加者が

何かお手伝いできることはないかと

若い方々へ声をかける場面を

たくさん目にしました。

 

 

どの参加者も

お互いさまが溢れていて

 

その場にいるだけで

あたたかな気持ちになりました。

 

 

 

 

さて、約3時間に渡る先生のお話。

 

 

 

現役の小児科医という専門的な立場から

 

法律のこと

効果や安全性のこと

 

本当にわかりやすく

いろいろな角度から

お話しして下さいました。

 

 

 

 

もしかしたら…

 

専門的な知識を学ぶだけなら

横地先生でなくとも

お話しを聞けたのかもしれません。

 

けれど初めて聴いた先生のお話は

 

横地先生だからこその

横地先生がそのまま現れている

深く優しいお話しで

 

予防接種だけにとどまらず

 

日々のあらゆる事に通じる

楽に生きるヒントのようなものでした。

 

 

 

特に私の心に残ったのは

「戦わない」という選択についてです。

 

正しい/間違い

賛成/反対

良い/悪い

 

このように私たちは物事を両極で見る傾向があります。

 

 

たとえば予防接種なら

接種する(賛成)/接種しない(反対)

…という二択。

 

 

この二択で選ぼうとしても

なかなか決めることができず

 

これまで多くの親たちが

どちらを選んだら良いのかと

迷ってきました。

 

 

接種したら副反応が怖い

 

接種しなかったら病気の感染が怖い

 

一度に何種類も接種するのが怖い

 

次々とスケジュールが決まっているのが怖い

 

医者に聞いてみたいけれど怖い

 

受けても怖い、受けなくても怖い

 

そして究極は

 

我が子の命に関わることを自分で決めるのが怖い。

 

 

 

このように感じることを

誰も否定してはいけないとも思います。

 

 

けれど現実は

決めかねているうちに必要に迫られ

接種することを選んだ方も多いでしょう。

 

逆に接種しないことを選び

強い指導を受け心傷ついたり

不安や罪悪感を持っている方もいます。

 

 

 

横地先生はこのような状況を脱するのに

『戦わないでください』

と提案されています。

 

正義どおしがぶつかっても分かり合えることはなく

疲労、怒り、悲しみだけが残るのだから

 

やりすごす、うけながす、かわすようにしてください

 

どちらにしても皆さまの選択を尊重し支援します!

 

…そうおっしゃるのです。

 

 

 

さらに

 

我が子のためにと十分考えていれば

どちらを選択しても

その時選んだ方が正解です

 

…と。

 

 

戦う二択ではなく

どちらを選んでも正解であるという二択。

 

 

大切なのはその時の自分が選ぶこと。

 

 

もし後で間違えたと思ったら

その先の選択で正解に戻ればいい。

 

 

精一杯に選んだ自分に

後悔や罪悪感を感じることはない

 

 

どれも正解。

 

 

 

このような見方を提案し

私たちを勇気づけてくれる

横地真樹先生という小児科医がいます。

 

また

おはなし会で共感し、癒やされ

勇気を持てた参加者がたくさんいます。

 

 

今回参加したしないに関わらず

私たちは深いところで繋がっています。

 

このおはなし会で創造されたエネルギーは間違いなく

さらに拡大・循環していくと感じました。

 

 

 

 

おはなし会の後、見上げた滝川の空。

幸せを感じた瞬間でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




| 2017.06.15 Thursday (11:40) | 予防接種のこと | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/459
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT