ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< もともとの私に還ろう | main | 満月との約束と今 >>
同行二人
お四国八十八ヶ所のお遍路さんは
同行二人(どうぎょうににん)と書かれた
笠などを持って巡礼します。

この言葉は、旅の最中いつでも
弘法大師が共にいることを表しています。

同行二人は、神や仏の存在が特別なものではなく
いつも私たちの傍らにいる事を気づかせてくれる、
ものの見方の一つなのです。

もしどんな時も自分を全肯定し
応援し続けてくれる存在がいたなら?
楽しく、心に安らぎや喜びをもたらしてくれる存在が
いつもそばにいたとしたら?

その存在は、真言宗ではお大師さん(弘法大師)
アクセスバーズではユニバースと表現します。

我が家は真言宗とのご縁があり
同行二人については長年知っていましたが
アクセスバーズを知るにつれて
共通する同じような見方があるのが
とても興味深いと感じています。

私たちは一人で生きているのではありません。
では誰と一緒に生きているのでしょう?

弘法大師やユニバース?
ご先祖様や神さま?

表す言葉が何であれ
これまでに一度でもその存在を
感じたことはありますか?
もし感じたことがあるなら
その存在が決して自分を一人にしないことを
知っているはずです(^ ^)

私も知っています。

だからこそ
日々が安らぎやリラックス・自由・感謝と共にあることを
求めても大丈夫だと信頼し
求めることを選択しています。







| 2019.01.17 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT