ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハッと気づいた事を現実化するには | main | 空知ポップ・アート展 2月12日正午まで! >>
ピンと来たら即行動しなければいけませんか?
昨日のブログを読んで下さった方から
「ピンと来たらすぐに行動しなければいけないのでしょうか?」
と質問が届きました!

質問ありがとうございます!
とっても嬉しかったです。
これからも質問をお待ちしています(^o^)

質問にお答えするつもりで
昨日の続きを書きますね。



もし自分の心の中に
伝えたいけれどなかなか伝えられない想いをずっと持ち続けていたとします。

この場合、それはどちらかと言えばネガティブなイメージの想いです。

例えば
「私はあなたのその言葉にいつも傷ついている。ずっと我慢している」
という想い。

夫婦や親子、友人、ご近所さん、同僚…
自分との関係が近いほど
丸くおさめる為には自分が我慢をするしかないという状況もあります。
自分がその役を背負って来た人、きっと多いのではないかなぁ?

ただ、
一度つくられたお互いの関係を変えるキッカケは、なかなかないものです。


いつか本当の気持ちをわかってもらって
より心地良い関係になれたらと求めていたとして…

そう想い続けている時期は
表面上は何も変化はないように見えます。

時間と共に心の奥にしまい込まれて、普段はもう意識していないくらい馴染んでいるかもしれません。


そしてある時「伝えるのは今だ!今がタイミングだ」とピンと来ちゃうわけです。

押さえてきた感情のエナジーは一度動き出すと
自分では制御不可能なエナジーとして表現される可能性もあります。

怒りのエナジーで相手を罵倒するかもしれないし
その場から急に飛び出していくかもしれない。
ひたすら言葉が溢れて、涙も溢れるかもしれません。

相手に伝わるとか、心地よい関係になるとか、それすらももうどうなってもいい!笑

思考の入る隙もなく
行動はエネルギッシュなのです。


現実が変わるというのは
自分の中にあった真実を表現することでもあります。

これまで選んだことのない行動を選択する、そこがスタートです。


こう考えていると
行動を起こすかどうかについては
本人だけがわかるタイミングがありそうです。






| 2019.02.09 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/515
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT