ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春の訪れ | main | 瞑想とアクセスバーズ >>
ギフティング・レシービング会
アクセスバーズのクラスを受講後は
学んだ同士がお互いにバーズのセッションをやり合いっこする機会が増えます。


先日も通称「ギフレシ会」を開催し、つい先日初受講したばかりの方がさっそく参加してくれました。

本人は、学んだばかりでまだ全然覚えていないし…と少々緊張していたようですが

バーズを始めたばかりであっても、お互いに貢献し合うという意味では、ギフレシ会では全く対等な立場ですから

どちらがよく知っているとか、優れているとか素晴らしいとか…そのような見方は一切なく

一人一人がただそのままの自分でいるだけで、貢献のエナジーとしてギフレシ会の場を共有できます。

もともとギフレシには
「ギフティング=与える」
「レシービング=受けとる」
の意味があります。

セッションする側と受ける側。
どちらもお互いに与え受けとる事を学んでいます。



アクセスバーズのテキストの中に
「自分が始めたばかりだから何もわからないとか、貢献になれることなど何もないと思うのはやめましょう。新入生だと思うことはありません。自分が知っているという事を知って下さい」
と書かれている箇所があります。

読むたびに共感する一文です。

私たちは意識の深いところで自分が思っている以上に知っている。
そこに気づいていくところもバーズの魅力の一つだと感じます。




今回はこの方?が存在感を発揮してくれました。





| 2019.02.27 Wednesday (08:00) | アクセス・バーズ | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/533
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT