ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グレイテストショーマンとの出会い | main | ボディートークセッション後の体感や気づきのご感想 >>
伝筆で繋がる「うたずき合唱団」
2018年、年末のある日。

赤平市立病院のロビーで開催される
クリスマスコンサートへの出演依頼が
「うたずき合唱団」の元へやって来ました。

注1:うたずき合唱団は、伝筆(つてふで)という筆文字を習ったご縁で出逢った歌うことが大好きな仲間の合唱団です。

注2:ブログのカテゴリーに「うたずき合唱団」も追加し、準備OK!
これからは合唱団の様子も少しずつ紹介していきます!



さて、出演を依頼されたコンサートは平日開催でした。
メンバーの多くは仕事がありみんなで参加するのは難しい…。
でも何とか協力したい!
依頼を受けるには何ができる?

団長の冨美さんの選択は
「各パート(ソプラノとアルト)がいれば何とかなる!」
というものでした(笑)

そして当日、各パート一人ずつの究極ギリギリの合唱を披露。
伴奏も急きょ知人が引き受けてくれてギリギリセーフ。

やる!と決めたらできるものですね。

たった二人だけの合唱を
入院患者さんやスタッフ
会計を待っている一般の方まで
皆さんの温かい眼差しの中で
歌わせていただきました。

それから約二ヶ月余りが過ぎ
私たちの手元に写真が届きました。

それは、赤平市立病院の院長先生が
自ら撮影して下さった当日の写真です。







本番前、知り合いの看護師さんも
写してくれました。




昨年の11月、うたずき合唱団が初めてステージに立った時の写真も合わせて紹介します。
これからも「うたずき合唱団」をよろしくお願いします!






| 2019.03.06 Wednesday (08:00) | うたずき合唱団 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/540
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT