ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 誕生花とアクセスのマントラ | main | 今日と明日、アクセスバーズクラスを開催します >>
離れていても繋がっている
本州で暮らす二男が、サークル仲間の友人から相談を受けたようです。


その内容は割愛しますが
二男から友人へのアドバイスはなんと
「うちの母さんと話してみれば!」
だったそうです。


以上について軽い説明と一緒に
「そのうち、電話が来ると思うから」
と二男からメッセージが送られて来ました。


・・・

おいおい。
ちょっと待って〜。
私は誰とどんな話をするのさぁ?笑

二男から少し詳しい話を聞き、私と友人のお母さんが直接電話をするという流れが整っていきました。


それから数日後
「初めまして」
の挨拶から始まる母親同士の電話は
一度話し始めてみるとお互いいろいろな事を何の壁も感じずに語り合い…
北海道と関東圏の遠距離通話は、深い話へと展開していきました。

そして、自分たちの子ども同士が良い関係でいるおかげ様で、このような形での出会いになった事を喜び合うことができたのです。


二男が親元を離れて三年数ヶ月。
どんな暮らしをしているのか、一度も見に行った事はありません。

今回の電話は、二男がこれまで大切にしてきた人と人の繋がりや彼の在り方をほんの少し垣間見る機会となりました。

現在就活中の二男への心配をなかなか払拭できずにいましたが
きっと大丈夫だとわかったような気がします。

離れていても信じる意識で繋がっている。
そう感じる事ができ、心は穏やかです。









| 2019.06.23 Sunday (08:00) | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









Trackback URL
http://poretabi5.jugem.jp/trackback/628
Trackback
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT