ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ほめカードで優しさに触れて
こんにちは!


先日友人が「ほめカード」というカードを引かせてくれました。

楽しかったのは、引いたカードに書かれている言葉は自分のためではなく
右隣りの方へのプレゼントだったのです!

相手の顔を見ながら声に出して、お隣の方へ言葉のプレゼントを贈り合いました。

このパターンは初めて!
大いに盛り上がりました♪


私が受けとったメッセージは・・・


【今までの過去の経験が今のあなたをつくっています】


ちょうど、養護教諭の経験が今の私に多大なる影響を与えていた事に改めて気づいた直後だったので
すごく響いて来るメッセージをプレゼントしてもらいました^_^


その上、なんと!

全てのほめカードの言葉を友人が伝筆のカードで準備していたので
自分が受けとったメッセージを伝筆カードでも頂けたのです。



さりげないサプライズ。
彼女の優しさに触れて、幸せな気持ちになりました。



『ただ気持ちのままに選択している事が、世界への素晴らしい貢献そのものだとしたら?』








| 2019.07.26 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
トイレの異音が気づかせてくれたもの


我が家の水洗トイレ。
水を流すと異音がする!と気づいてから約二週間。

その音は便器の奥から聞こえて来るので
大ごとになる前にメーカーに問い合わせてみました。


驚くことにその異音は便器からの音ではありませんでした。

なんと「手洗い台から」というのがメーカーの見解だったのです!


え?手洗い台?
いやいや音は便器の奥から聞こえて来ますが…

ん?あれ?
手洗い台に耳を近づけてみると
確かに排水管の奥の方から聞こえてくるような…

いや、確かにそこから音が聞こえる!

異音はメーカーのいう通り
手洗い台の部品の劣化が原因でした。


この出来事から
一度結論を持つと
その時点で他の選択がなくなることを経験しました。

異音は便器からと結論づけしていると
不思議と音はそこからしか聴こえなくなります。

ところが、手洗い台かもしれないと意識を向け始めると
音は確かに手洗い台から聞こえて来ます。


聞こえる音や見える現象、匂いや味や肌感覚も
体が受けとっているものは全て気づきを促すサインだと頭で理解していても
実際は大いに結論づけていたわけです。

「思い込みや決めつけを持たなければ
体は他の選択に気づかせてくれる」
改めて五感(体)からのサインを受けとる意欲を確認した出来事となりました。














| 2019.07.21 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
わかり合える感じ合える


先日、母と話をしていて
とても久しぶりに「わかり合えた」と感じた日がありました。


実は最近の母との会話は
その日の予定の確認や伝達など
「必要な」内容が中心になっていました。

少しずつ物忘れも現れているので
◯◯してね
◯◯しないでね
など生活上のお願いごとが多くなるのです。


先日は父との思い出(出来事)が話題になり
その時に私が感じていたこと、母が感じていたことを
初めて語り合いました。

全体としては話があちこちに脱線して
今となっては何を話したのか忘れているくらいですが

会話を通して確かに母の感情に触れて
共有できたと感じたのです。


普段少しでもわかりやすいようにと
内容を整理して伝えていますが
それとは全く違う感覚でした。


理屈では伝わらなくても
もっと深い場所でならわかり合える
・・・
わかり合えるというよりも
「感じ合える」
そこに希望を感じた日になりました。



相手にわかってもらおう、わからせようとすると、時に「正しさ」の押しつけになります。
(今、私が母にやってしまいがちな事)

理屈で伝えようとしなくても
日々を心地よさや安らぎで暮らすための
コミュニケーションのヒントだと感じました。











| 2019.07.20 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
中心から現れた屋久杉の珠
今から6年ほど前
屋久杉磨きのワークショップに参加しました。


屋久島の海岸へ自然に流れ着く朽ちた屋久杉。
今ではとても貴重で、なかなか手に入らないそうです。


あの日は何時間も時間をかけて
ただただ磨き続けました。

荒い紙ヤスリから徐々に細かいヤスリへと10段階。

磨いていくうちに
荒削りの屋久杉の中心から現れた
屋久杉の珠。









私の手のひらにしっくり収まり
握っているだけで
気持ちが落ち着いてくるのです。



皆さんが我が家に来た時には
ぜひそっと握ってみて下さいね。

ご希望があればいつでも!









| 2019.07.16 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
イメージ豊かに


私は普段ご飯を作る時は
冷蔵庫にある食材を見てメニューを決める派デス。

このやり方だと
何か献立が浮かんでも
不足する食材があったりして
あらら…となる場面も多々ありますが

その時に大切なのがイメージのチカラ(笑)

今ある食材で、和洋中にもこだわらないで
名もなき食卓をいかに生み出すか!
イメージ、想像力が問われますね。


そんな毎日なので
彩り、味つけ、栄養のバランス、盛りつけなど
ピカーっと閃いてイメージ豊かに浮かんだ時と

もやもやしてピシッと決まらないまま調理に取りかかった時

食卓の風景は全く別世界になります(^^;;



事を進める時、それが何であっても
「イメージする」というのは大切なスタート地点だと考えています。

料理なら目の前の食材を
焼くのか煮るのか揚げるのかそのままなのか
そのあたりをイメージするところから始まり
切り方、味付け、栄養のバランス、盛りつけ方
そして食べている自分や家族の表情や言葉まで
イメージはいくらでも広げる事ができます。

それらを迷わずイメージできた時は
料理もさくさくっと進んでストレスがありません。

迷いながら作り始めた時は
作っていてもストレス満載(笑)
料理が苦痛になって来ます。


料理に限らず
イメージが楽に広がり全体像や見通しが見えて来るものを選択している時
事はスムーズに進むと感じます。

私はこの感覚を大事にして
日々のさまざまを選択したいと思っています。


ちなみに写真は
お料理上手の友人宅の台所です。
調理器具たちが生き生きしていて
いつも感動〜。

彼女の料理への喜びの波動が
伝わって来ます(^o^)








| 2019.07.13 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラム式洗濯機は水平移動で!!
ドラム式洗濯機の扱いについて、お役立ち情報です。

先日我が家の洗濯機の排水ができなくなり、新しく購入することになりました。
その件についてFacebookでは2回投稿しましたが、こちらでは後半の内容をそのまま載せますね。

ーーーーーー

先日洗濯機を格安で購入できまして…
すでに設置も終わりました。

ストレスなく洗濯できるとホッとしますね(^o^)


ところで、設置しに来てくれたお兄さんから聞いた件が
えーーっ!と目からウロコ情報だったのでシェアしますね。

ドラム式を使っている方は知っておくと良いかもです。


それは今回の故障の原因についてです。

ドラム式洗濯機は「決して」傾けてはいけない事を皆さんはご存知でしたか?

中のドラムはかなり重量があり、その割には支えは弱く、
ほんの少しでも傾けるとすぐに軸がズレたりなど
故障が起きる可能性が大きいそうです。

引っ越しなどはもちろん
ほんの少しの移動であっても
移動時は専用の部品で
「必ずドラムを固定」する必要があるという事です。

私はポケットティッシュを洗濯した事が故障のキッカケになっていると思っていましたが
その可能性はほぼ考えられず

直接のきっかけは
半年ほど前に斜めに傾けた状態で移動したためだろうと
指摘がありました。


ちょっとの移動であっても
「絶対に」「ほんの少しでも」
斜めにしてはダメだなんて
全く知りませんでした!

プロのお兄さんたちは
移動用部品を外した後は
水平移動を徹底していましたよ〜!!
ーーーーーー

年明けに浴室をリフォームした際
工事の邪魔になるからと洗濯機を移動したのです。

結構おおざっぱに扱った記憶があります。
その時のダメージが今、現れたらしい。

なるほど!と腑に落ちました。

Facebookではたくさんコメントもいただきました(^o^)







| 2019.07.11 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
「何もしない、ただそこにいる」というあり方で
今年4月からひと月に一回程度
小さな小学校で勤務しています。
そこで感じている事を少しお伝えします。


学校は児童数によって職員の配置が決まっていて、規模が小さくなると養護教諭の配置はなくなります。

そのような小さな学校で
先生たちが保健に関わる面で困らないよう相談にのるという趣旨で
養護教諭経験者を配置する制度があるのです。

その制度によって、今年度はある小学校に通わせてもらうことになりました。


実はこの話が私の元へ来たのは
月に一度の勤務という条件に合う方がなかなかいらっしゃらず
いよいよ困っての打診でした(^^;;

けれど私はこの話を聞いた瞬間に
すぐに引き受ける事を決めました。

このような形でまた子どもたちに出会えるだなんて幸せ!
その上、月に一回は今の私には無理のないぴったり来る条件!
断る理由はありませんでした。

ただ一つ
久しぶりの学校現場で
今更私にどんな貢献ができるのか
そこは全くわかりませんでした。


そんな中、4月から勤務がスタートしたのです。


先日は5度目の勤務日でした。
基本は子どもたちをただ見守り、深くは関わりません。
そのような立場だからです。


では、その立場で私にできる貢献は?
たぶん答えは「ただそこにいる」という事だろうと少しずつわかって来ました。

何もジャッジせず
誰かに承認される事も求めず
ただそこにいること。

そうしていると
今、何を優先して選択すべきか
瞬間瞬間おのずとわかると感じています。

子どもたちとの距離感や先生たちへのサポート内容も
現れる現実に自然に沿いながら居させてもらう…そんな在り方です。


以前教員をしていた頃は
今よりずっと多くの事を結論づけながら
私は子どもや同僚を見ていました。

いつでも頭の中で答えを探して
良い悪い、正しい間違いを
判断していました。

それは周りの人や自分自身を
窮屈な枠組みに当てはめようとする在り方だったと
あの頃から少し時間をおいたからこそ気づかされます。

もうしばらく、素敵な小さな小学校で
素敵な子どもたちや先生たちと過ごさせていただきます。



写真は旭山動物園への見学旅行に同行した際に写したものです。

動物たちはノージャッジ。
ただそこに存在するだけで、素晴らしい貢献です。















| 2019.07.10 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
誕生花、描いています
ある日の閃きをきっかけに
誕生花とアクセスコンシャスネスのマントラを描いています。


描こう!と閃いた時、
LINE@セッションルームポレポレで
「あなたの誕生花を描きます。受け取ってくださる方はいますかー?」
と呼びかけて募集してみました。

思っていたより希望者が多くてびっくり!

それから時間を見つけては
少しずつ描いています。



描いてみてわかったのは
一枚を描き終えるには
思っていた以上に時間がかかるのです。

正直、私の実力では難しさもあり
たぶんこれは
無謀な選択なのかもしれません。


けれど…
求めて下さった方を思い浮かべながら
その方のために描くという行為。

実際にやってみると
こんなに満たされた気持ちになるものかと
安らぎを感じています。

実は自分のための時間。
これからも少しずつ描いていきます。



*ブログでは募集していませんのでご了承下さい。

*LINE@への登録はこちらから(^o^)br />








| 2019.07.02 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
もう平等でなくていい
教員をしていた頃、子どもたちをどう呼ぶのかは私のこだわりの一つでした。


私は養護教諭でしたから、全校の子どもたちに広く関わる立場でした。
できることなら、どの子にも平等に関わっていきたいと思っていました。

けれど実際には、関わりには差が生まれて来ます。

毎日保健室に顔を見せる子もいれば
具合いが悪くても保健室には来ない子もいます。

子ども側の必要度によって、どうしても関わりの密度に濃淡が生まれてくるのです。


Aさんにも、Bくんにも、Cちゃんにも平等に関わるには?


その答えの一つが、一人一人の名前を呼ぶ時に平等に敬称をつけることでした。

それなら全員の子どもに平等に接することができるからです。
逆に全員をニックネームや呼び捨てで呼ぶというのもあると思います。
授業と休み時間でメリハリを付けている教員もいます。

子どもをどのように呼ぶのかを通して、子どもたちへメッセージを伝えることになるわけです。


私の選択は、名前を呼ぶ時は全員敬称をつける、でした。
子どもたちにとっては少しよそよそしさや距離感もあったかもしれませんが、私なりの平等の表し方でした。


その一方で、保健室の一対一の場面では平等ではいませんでした。
何故なら子どものニーズが、一人一人みな違っていたからです。

例えば
時には温めた牛乳を飲ませたり、ゆっくりベッドで休ませたり、話を聴くことが必要な場合があります。

その時はそうするのです。

このようなバランスの中で過ごしていました。



現在は、訪れて下さるお客様は常に一対一で関わらせて頂いています。
立場を考えて、平等を意識する必要もありません。
いつでも一人一人のニーズに応えて、オリジナルに関わる事ができます。

この関わり方を求めていたのかもしれません。
今、大きな枠組みから離れ、自由になっていると感じます。






| 2019.06.30 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
奇跡の日々
私のものの見方(観点)と
今目の前にいる人のものの見方は
100%異なっている

この前提でいれば

なかなか分かり合えなくても
それが自然で当たり前

分かり合えたと感じたなら
それは奇跡的なこと



出会い、語り、笑い合う…

当たり前のように過ぎて行く毎日は
実は奇跡の日々。


今日はどんな奇跡が現れる?






| 2019.06.27 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT