ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ピンと来たら即行動しなければいけませんか?
昨日のブログを読んで下さった方から
「ピンと来たらすぐに行動しなければいけないのでしょうか?」
と質問が届きました!

質問ありがとうございます!
とっても嬉しかったです。
これからも質問をお待ちしています(^o^)

質問にお答えするつもりで
昨日の続きを書きますね。



もし自分の心の中に
伝えたいけれどなかなか伝えられない想いをずっと持ち続けていたとします。

この場合、それはどちらかと言えばネガティブなイメージの想いです。

例えば
「私はあなたのその言葉にいつも傷ついている。ずっと我慢している」
という想い。

夫婦や親子、友人、ご近所さん、同僚…
自分との関係が近いほど
丸くおさめる為には自分が我慢をするしかないという状況もあります。
自分がその役を背負って来た人、きっと多いのではないかなぁ?

ただ、
一度つくられたお互いの関係を変えるキッカケは、なかなかないものです。


いつか本当の気持ちをわかってもらって
より心地良い関係になれたらと求めていたとして…

そう想い続けている時期は
表面上は何も変化はないように見えます。

時間と共に心の奥にしまい込まれて、普段はもう意識していないくらい馴染んでいるかもしれません。


そしてある時「伝えるのは今だ!今がタイミングだ」とピンと来ちゃうわけです。

押さえてきた感情のエナジーは一度動き出すと
自分では制御不可能なエナジーとして表現される可能性もあります。

怒りのエナジーで相手を罵倒するかもしれないし
その場から急に飛び出していくかもしれない。
ひたすら言葉が溢れて、涙も溢れるかもしれません。

相手に伝わるとか、心地よい関係になるとか、それすらももうどうなってもいい!笑

思考の入る隙もなく
行動はエネルギッシュなのです。


現実が変わるというのは
自分の中にあった真実を表現することでもあります。

これまで選んだことのない行動を選択する、そこがスタートです。


こう考えていると
行動を起こすかどうかについては
本人だけがわかるタイミングがありそうです。






| 2019.02.09 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハッと気づいた事を現実化するには
ハッとする
ピンと来る

その気づきは
自分にとっての真実を伝えて来るものの一つです。


ただ勘違いしがちなのは
気づきがあったからと言って
ただそれだけで
現実が変化するわけではありません。


「動く!」
ここポイントですね。


例えばどうしても伝えたい想いがあって
いつ伝えようかな?
いつがタイミングかな?
と考えていたとします。


ある日いよいよ
「あ!今がタイミングだ!」
とピンと来ます。

間違いなく今がタイミングだと気づいたら、想いを伝えるため次は何を?

次の段階として、メッセージしたり、電話したり、会いにいったり、テレパシーを送ったり?笑
…動き出しますよね!
想いが強ければ、きっとすぐに!


気づき→行動

この二つが揃って、現実化はスタートします。。


そして、さらにさらに
実はこの「→」が大切だなぁと気づいてしまいました。


「気づき→行動」


「気づき→→→→→→→→→→行動」


ね!

どう見ても「→(やじるし)」が少ない方が純粋なエネルギーを感じるでしょ?笑

気づきと行動のあいだに「→」が増えれば増えるほど

勘違いかな?
今じゃないかも?
何か違う気がする!

など制限する思考も入りやすくなり
最初に感じた純粋そのままではいられなくなるということです。

気づきは行動とワンセット!
できるだけ即行動!

そんな私の気づき
今回さっそくブログに書いてみました。

このテーマ、奥が深そう。
また別の機会に深掘りします(^o^)





| 2019.02.08 Friday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたは何オタクですか?
昨日のブログでは
「オタク上等!」
と友人が即答したエピソードを書きました。


するとLINE@セッションルームポレポレのトークに
「私もオタクだよー」
というメッセージが届きました(^o^)


そうよね!
オタクってきっと
・好きでやめられない事
・ずっと続けている事
・人知れず深く探求している事
だと思うから(正しい意味は知らないですが)

素朴に考えてみたら、誰だってフツーにオタクじゃない!と思い至りました 笑。


それでふと思いついて
「もし良かったら皆さんが何オタクなのか教えて下さい!」
とLINE@で呼びかけてみたのです♪


何名かの方がメッセージで応えて下さったので、ブログ掲載もOKしてくれた方の『◯◯オタク』を紹介させていただきまーす。


あなたは何オタクですか?

*絵本読み聞かせオタク…「冬季間限定で小学生に絵本の読み聞かせをしていまーす。


*野球オタク…主に高校野球とヤクルトスワローズ。今でも、高校野球と神宮球場を見たら瞬時に泣けます。
キャッチャーミットにボールがおさまる音が好きです。

若い頃は雑誌や書籍もよく読んでいたおかげで、かなりご年配の男性とお話しする機会があると、昔の強豪高やスター選手のエピソードなどを共有できて、とても喜んでいただけます。

北海道に来た時にはまだ日ハムに新庄もいて、こんなに人気球団になるとは、、、と感動して一人、ドームで泣きました 笑(特に日ハムファンじゃないけど)


*旦那オタク…とにかく旦那が大好き!


*瞑想オタク…大好きな瞑想だけど、時々はめんどうくさい日もあります 笑


*自分の心が何を感じているのかを、 アウトプットしたすぎのオタク!…全部ネタ!笑 ←誰のメッセージなのかわかる人にはバレバレ?笑


*神社オタク…休みの日にはいろいろ回ってます


*お宅オタク…病気したのでどうやって自宅で楽しく過ごすかを考えているうちに、家に居てできるいろんな遊びを考えたりしています。
友だちを招いてトランプしたり 笑。
ほんとうの、お宅(オタク)って感じです 笑


*雨雲レーダーオタク…パソコンでレーダーを見ながら予測して、当たると心の中でドヤッ!となってニンマリします



皆さん、ありがとう〜。

人それぞれでおもしろ〜い!


「私は◯◯オタクです」
って胸を張って?言えるって素晴らしいなぁ。

オタク時間を過ごしている時は、きっとその方にとっての幸せ時間を過ごしているのですよね。

皆さんから幸せを感じさせてもらえて、聞いてみて良かった〜!

教えてくれてありがとう!


ちなみに私は、今はピアノ伴奏オタクです。
どなたかの歌のためなら時間を忘れて練習もがんばれますっっ!





| 2019.02.07 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
オタク上等!
「気づきとかギフトとか安らぎとか体のサインとか、こんな事ばっかり考えていて、私もオタクだなと思う〜」

と友人にコメントしたら






「オタク上等!」
と即座に返信が来ました!笑






| 2019.02.06 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
熱と共に去りぬ
節分の日は、39度超えの発熱で一日さまよっていましたが
翌日の朝には平熱に戻るというミラクル(笑)


熱が下がった後、それまで現れていたある症状がほぼ無くなりました!!

熱は浄化の作用があると聞きます。

何を浄化されたのか感じている事があるので、お伝えしますね。

今回はかなり長いです〜(^o^)




年明けの一月は痛みを経験する月でした。


一つ目は激しい腹痛。

体からのメッセージを受けとったその経験については、こちらからご覧下さい。



そして、もう一つは首から肩にかけての激痛です。

ある日の朝、目を覚ますと
前の晩には一切なかった痛みが突然現れていました。


まず首に痛みがあるので
頭がとにかく重くて重くて。

前を向いていればなんとか我慢できても
振り向く、下を向く、横に倒すなどの動きはほぼ無理なレベル。


さらに右肩から右腕にかけての痛みも強く
右腕には一切体重をかけられませんでした。

痛みがあるといろいろ不便はありますが
中でも一番辛かったのが布団に寝る、寝返りをうつ、布団から起き上がるという一連の動きです。


体の一部に痛みがあると
これほどまでに制限があるものかと
つくづく思い知らされました。


そんな中、ある助産師さんとの出会いがあり
そのおかけで首を支えながら
日常を過ごせるようになりました。

彼女が紹介してくれたのは「トコちゃんベルト」という
もともと妊産婦さんの肩こりや腰痛などへのグッズです。

その時の私には、彼女とこのベルトとの出会いがまさに救世主!

この情報が無ければ、その後の予定もキャンセルしていたかもしれません。
(トコちゃんベルトについては別の機会に詳しくお伝えしますね!)



実は、助産師さんとの出会いの翌日から
四日間札幌へ通う予定があったのです。

前日までは通うのも無理かなと思っていましたから
今となっては本当にありがたい出会いでした。


札幌に通ったのは、アクセスコンシャスネスのザ・ファンデーションクラスの受講のためでした。

そのクラスの中でも私の首・肩の激痛について話題になりました。


「この痛みは何?」


答えは気づきとしてやって来ます。

やって来たのは「受けとり拒否」というワード…。

これはかなり衝撃的な気づきでした。


確かに私は最近、ある場面でとても大きなギフトを受けとっていたのです。

そのギフトについては
頭も心もただありがとうの気持ちで
私は喜んで受けとっていました。


ところが自分では認識できない深いところでは

「受けとってはいけない」
「受けとっては申し訳ない」
「甘えてはいけない」
「自分で背負わなければいけない」

など、受けとる事に抵抗し
拒否している私がいたのです。

びっくりだけど、なるほど〜!


この気づきをきっかけにして
「自分で何とかしなければ」
という長年持ち続けて来た思考に
改めて向かい合う事になりました。


さまざまな「べき」や「ねば」をたくさん手放して来たとは思うけれど

思考の癖は癖だけに、こうして繰り返し現れて来るのですね。


現れる度に気づいて、ただ自分を知る。
そこに良い悪いの判断をせず、ただ知る事を繰り返していくうちに
その考え方や見方から肩の荷をおろしていくのだなぁと感じます。


その後痛みは少しずつ引いて行きましたが
寝る時はまだ制限が残っていました。


そして節分の日の高熱へと続きます。

一日続いた高熱は、翌朝にはおさまり平熱に戻っていました。
熱はそれっきりです。

それ以上に驚くのは
首・肩の痛みが熱と共にほぼ無くなったこと!

高熱によって痛みまで!


今回の一連の痛みや熱を通して
これまで受けとり拒否していたことが
安らぎと共に受けとれる私に変わったと理解しました。

また繰り返し現れるかもしれませんが、一旦ひと区切りです。


私はこれら全てが
体を通して起きているところが興味深いのです。

体は一種のセンサーの役割りを担っている実体のある存在です。

実体のない思考や感情や記憶を整理するのに
体はさまざまにサインを送って来ます。
特に痛みによって、強烈なメッセージを突きつけられますね。


ただ、できるなら
もう少しお手柔らかにお願いしたいです、私の体。





| 2019.02.05 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
またまた体のサインです「これは何?」
熱が上がって来ました!

寒気もあるのでまだ上がるのかもしれません。


大変だ!インフルエンザかも!明日の予定はどうなる?

そんな風に困ったー!という見方を選んでもいいし、別の方向からの見方も選択できます。

どんな場面にいても私たちは自分のあり方を自分で選べるのです。


というわけで
「今ここにあるギフトは?」

「発熱を通してまだ認識していない何を見せてくれる?」

「私と私の体がどうあれば完全な安らぎと共にあれる?」

心地よい問いかけと共に過ごしています。
こんなあり方が今の私です。



・・・にしても、年明けから体のサインが多いわぁ。

受講したクラスの復習が、また先送りです〜(^o^)







| 2019.02.03 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
うれしいがひろがる



苦もなくヒョイっとできてしまう事

いつのまにか自然にできている事



当たり前過ぎるから、まさかそれが自分のユニークさだとは全く気づかずにいました!


私のユニークさ。
その一つが「人と人を繋ぐ」こと。

友人との会話から気づかされ、素直に認めようと降参しました。



これまでの数年間、ボディートーク、アクセスバーズ、伝筆・・・

私が大好きな事をきっかけにして、たくさんの出会いが生まれました。

一つの繋がりが次の出会いへと繋がり、さらに広がり続けています。


私が嬉しいとその嬉しいは広がります。

あなたが嬉しいとその嬉しいは広がります。

躊躇することなく自分の嬉しい(と感じるポイント)を表現する。
ただそれだけで私たち誰もが貢献の存在です。

表現するというのは何かをするというのではなく、嬉しいと感じる自分を許しその自分で在ること。

そして、心が動くポイントが周りの人には理解されないとしても、もう隠さずにいることです。



自分のユニークさが「こんなことだったの?」と気づいてしまったとしたら?

これまで隠されてきた自分のユニークさと共に、私は何になれ、何を創造できるだろう?






| 2019.02.02 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年2月のスケジュール




セッションルームポレポレの2月のスケジュールをお知らせします(^o^)


対面でのセッションが可能な日は以下の通りです。
*時間の詳細はこちらのカレンダーから確認できます。

アクセスバーズ1dayクラスの開催日も合わせてお知らせします
*内容の詳細はこちらからご確認下さい。

2019年2月1日現在
3日(日):午前
4日(月):午前・午後
7日(木):午前
10日(日):午前
12日(火):午後
16日(土):アクセスバーズ1dayクラス
18日(月):午前・午後
19日(火):アクセスバーズ1dayクラス
20日(水):午後
24日(日):午後
25日(月):午前・午後
26日(火):午前・午後

*遠隔セッション(ボディートークのみ)は別途受け付けています。お問い合わせ下さい。


ご予約はこちらからお願いします。




| 2019.02.01 Friday (08:00) | ポレポレのスケジュール | comments(0) | trackbacks(0) |
原点は変わらず今に続く

近頃ブログではアクセスバーズに関する内容が多いため
「ボディートークは辞めたの?」
と聞かれる事があります。

いえいえ、ボディートークの活動もずっと継続していますよ!

たまたま目に留まった過去記事でボディートークとの出会いなど語られていたので、一部抜粋して再掲載します。

原点は変わらず今に続いています!




こんばんは!

ボディートークの北日本支部の会員さんを紹介するインタビューシリーズです。

今回は滝川市の認定ボディートーク施術士 倉本知寿子さんです。


Q:現在の活動場所を教えてください。

滝川市のセッションルームポレポレです。


Q:ポレポレの意味や由来などありますか?

「ゆっくり、のんびり」を表すアフリカの言葉です。
出会って下さる皆様も私自身も、ゆっくり焦らずに自分の望む人生を生きる「サポートの場」になればとの思いです。


Q:アフリカの言葉にしたのは何かご縁があったのですか?

以前読んだ本に感銘を受けたのです。
すでに絶版になっている幻の本です(笑)


Q:どのような内容の本でしたか?

著者がアフリカ在住時、予想外のトラブルが数々発生するのですが、その度「ポレポレ〜、ゆっくりのんびりと〜」と アフリカの方々の力を借りて、明るく楽しくクリエイティブに乗り越えるエッセイです。

自然体でありながらもベストを尽くし、道が開かれる姿は若かった私に深く響き、その後も私の心の中に「ポレポレ的」な考えがずっとあり続けています。



Q:では、ボディートークとの出会いを教えてください

当時、中学校の保健室に勤務していました。
その同業者の方がボディートークをしていてセッションを受けたのがきっかけです。


Q:どうしてボディートークを勉強しようと思ったのですか?

私の長男が小6の時、原因不明の高熱(診断名は不明熱)で半年ほど入退院を繰り返したことがありました。
大学4年生の秋に不明熱が再発し、そのタイミングでまず私がボディートークに出会いました。

私も長男もセッションを受け始め、自然治癒力を高めるボディートークのアプローチにぴんと来ました。
その後、二人ともボディートークアクセスセミナーを受講しました。

*ボディートークアクセスセミナーは一日で学べる健康維持のルーティーンテクニックです。


Q:それでは、すぐに施術士になったのですか?

A:いいえ。施術士になろうとは全く思っていませんでした。
職場(学校)でボディートークアクセステクニックを活用していました。


Q:中学校の保健室で、ですか?

はい。ちょうど耐震工事と外壁塗装が行われていた時期で、校舎の全ての窓がビニールで覆われた状態で薬品が使われていました。

シックハウスのような症状の生徒も多く(私自身も)、ボディートークアクセスは大いに役立ちました。

小規模の中学校でしたが、在籍した2年間で全校生徒の多くが一回はボディートークのタップを受けたと思います。
休み時間などに「ひらひらして下さーい」と、気楽に保健室へ立ち寄る生徒も多かったです。


Q:そこからどうして施術士になろうと思ったのですか?

ある日、同僚の教員の腰痛にボディートークアクセスをしたところ、その方の体に変化が現れ、涙もあふれ出し、その後腰の痛みが去っていったのです。

その体験をはじめ、ボディートークと出会ってからの自分や周りの変化も感じていたことから、セッションもできるようになれば何かがさらに大きく変化すると確信して学びに行きました。


Q:施術士になられていかがでしたか?

施術士になってからは放課後にセッションを受ける生徒もいました。
その際は、保護者から事前に許可を得るように配慮しました。

先生たちは大変寛容で、時には生徒に勧めてくれることもありました。
今思うと、不思議な環境でした。


Q:今も教員なのですか?

いいえ。施術士になってから一年後に教員を退職しました。
退職までの一年間、父や同い年のいとこなど身近な人たちの死を体験し、“いつか”ではなく“今”を生きていきたいと強く思うようになったのです。


Q:ボディートークに対する思いをお聞かせください。

私はボディートークに出会って初めて、自分の本質的な一面に出会えたと思っています。
そして、幸せに生きることは実は難しい事ではないとも感じています。
そう思える自分に変化してきたのです。

今、ボディートークセッションなどをきっかけにして、様々な年代や状況の方に出会わせていただき、皆さんが自らの力を発揮していくのをサポートさせていただいています。
そのような毎日を幸せに思っています。


Q:これからの展望などありますか?

私はたまたまボディートーク療法に出会ってから人生の変化が加速したと感じています。
変化への意欲がある方には、ボディートークも一つの選択肢になるかもしれません。
私で良かったら、サポートさせていただきます。

ーーーーー

聞き取りまとめてくださった BJA北日本支部の担当の方には 本当に頭が下がります。

また、ここまでこの記事を読んでくださった方もお疲れさまでした。

ありがとうございました。


 




| 2019.01.31 Thursday (08:00) | ボディートーク | comments(0) | trackbacks(0) |
私は◯◯が好きーー!

「◯◯が好きーー!」
◯◯にはどんなワードが入りますか?


私は・・・



ピアノを弾くのが好きです!!

言ってしまったー!
なぜだかドキドキしちゃうなぁ(*^o^*)


今、我が家には
子どもの頃から弾いているアップライトピアノがあります。
かれこれ50年経過した古いピアノです。

音もはずれ気味になってきましたが
生活の中にピアノが存在しているだけで不思議と気持ちが落ち着くのですよねー


ピアノを弾くのは大抵家族が出かけている一人の時♪

一人で過ごす貴重な時間に
まずはピアノに向かい好きな曲を1時間ほど、ただただ弾き続けます(^ ^)
その間は完全に自分の世界に入り込んで〜♪
子どもの頃はあんなに練習が大嫌いだったのになぁ 笑。

今は弾けば弾くほど
「私はピアノが好きだー!」
と心の奥から湧き上がるのです。


制限なく自由に思うがままに…。
そうやってピアノと共に時間を過ごしている時
私は本来の何者でもない私になって
とてもリラックスして幸せなんです。

ほんの短い時間でも
好きな事で夢中に過ごすことを
私が私に与えてあげる。

この選択が
どれほど自分への優しさやいたわりになっているのか、今はわかります!

だからこそ、それが何であれ「好き!」の感覚には素直になろうと決めているところもあります。
好きの感覚は自分を知るバロメーターですものね。


他に何が優しさといたわりを私に与えてくれる?
好きを通して、自分に優しく!



 




| 2019.01.30 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT