ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ドラム式洗濯機は水平移動で!!
ドラム式洗濯機の扱いについて、お役立ち情報です。

先日我が家の洗濯機の排水ができなくなり、新しく購入することになりました。
その件についてFacebookでは2回投稿しましたが、こちらでは後半の内容をそのまま載せますね。

ーーーーーー

先日洗濯機を格安で購入できまして…
すでに設置も終わりました。

ストレスなく洗濯できるとホッとしますね(^o^)


ところで、設置しに来てくれたお兄さんから聞いた件が
えーーっ!と目からウロコ情報だったのでシェアしますね。

ドラム式を使っている方は知っておくと良いかもです。


それは今回の故障の原因についてです。

ドラム式洗濯機は「決して」傾けてはいけない事を皆さんはご存知でしたか?

中のドラムはかなり重量があり、その割には支えは弱く、
ほんの少しでも傾けるとすぐに軸がズレたりなど
故障が起きる可能性が大きいそうです。

引っ越しなどはもちろん
ほんの少しの移動であっても
移動時は専用の部品で
「必ずドラムを固定」する必要があるという事です。

私はポケットティッシュを洗濯した事が故障のキッカケになっていると思っていましたが
その可能性はほぼ考えられず

直接のきっかけは
半年ほど前に斜めに傾けた状態で移動したためだろうと
指摘がありました。


ちょっとの移動であっても
「絶対に」「ほんの少しでも」
斜めにしてはダメだなんて
全く知りませんでした!

プロのお兄さんたちは
移動用部品を外した後は
水平移動を徹底していましたよ〜!!
ーーーーーー

年明けに浴室をリフォームした際
工事の邪魔になるからと洗濯機を移動したのです。

結構おおざっぱに扱った記憶があります。
その時のダメージが今、現れたらしい。

なるほど!と腑に落ちました。

Facebookではたくさんコメントもいただきました(^o^)







| 2019.07.11 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
「何もしない、ただそこにいる」というあり方で
今年4月からひと月に一回程度
小さな小学校で勤務しています。
そこで感じている事を少しお伝えします。


学校は児童数によって職員の配置が決まっていて、規模が小さくなると養護教諭の配置はなくなります。

そのような小さな学校で
先生たちが保健に関わる面で困らないよう相談にのるという趣旨で
養護教諭経験者を配置する制度があるのです。

その制度によって、今年度はある小学校に通わせてもらうことになりました。


実はこの話が私の元へ来たのは
月に一度の勤務という条件に合う方がなかなかいらっしゃらず
いよいよ困っての打診でした(^^;;

けれど私はこの話を聞いた瞬間に
すぐに引き受ける事を決めました。

このような形でまた子どもたちに出会えるだなんて幸せ!
その上、月に一回は今の私には無理のないぴったり来る条件!
断る理由はありませんでした。

ただ一つ
久しぶりの学校現場で
今更私にどんな貢献ができるのか
そこは全くわかりませんでした。


そんな中、4月から勤務がスタートしたのです。


先日は5度目の勤務日でした。
基本は子どもたちをただ見守り、深くは関わりません。
そのような立場だからです。


では、その立場で私にできる貢献は?
たぶん答えは「ただそこにいる」という事だろうと少しずつわかって来ました。

何もジャッジせず
誰かに承認される事も求めず
ただそこにいること。

そうしていると
今、何を優先して選択すべきか
瞬間瞬間おのずとわかると感じています。

子どもたちとの距離感や先生たちへのサポート内容も
現れる現実に自然に沿いながら居させてもらう…そんな在り方です。


以前教員をしていた頃は
今よりずっと多くの事を結論づけながら
私は子どもや同僚を見ていました。

いつでも頭の中で答えを探して
良い悪い、正しい間違いを
判断していました。

それは周りの人や自分自身を
窮屈な枠組みに当てはめようとする在り方だったと
あの頃から少し時間をおいたからこそ気づかされます。

もうしばらく、素敵な小さな小学校で
素敵な子どもたちや先生たちと過ごさせていただきます。



写真は旭山動物園への見学旅行に同行した際に写したものです。

動物たちはノージャッジ。
ただそこに存在するだけで、素晴らしい貢献です。















| 2019.07.10 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
長いトンネルの先に
トンネルを抜けると





そこは空と雲だった。




昨日は久しぶりに汗ばむ陽気の一日でした。

夫の運転で高速を走り
義母の元へビューンと往復してきました!



わずか2時間あまりの滞在は
妹夫婦も一緒に
みんなでたくさんしゃべって笑って
いろんな思いのギュッとつまった時間を過ごすことができました。



今日は良い天気だと季節を感じ
美味しい美味しいと食事をいただき
元気で良かったとお互いの無事を確認し合う。
そんな風にただ普段通りに自由に過ごせる幸せを家族で語り合う。


そんなささやかな事が幸せそのもの。


これが長いトンネルを抜けた先に
私たち家族の見ている景色です。






| 2019.07.07 Sunday (08:00) | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
出会う人・出来事・情報・感覚・感情…全てがギフトだとしたら?


昨日はバーズクラスを開催させていただきました。


今回の受講者さんは
バーズクラスの開催をネットで検索して私を見つけてくれて
遠くから滝川まで来て下さいました。


実際にお会いしてみてお互いに驚いたのは
たくさんの共通点があった事。

名前、住んでいる場所、車の車種、誕生日・・・
詳しくはご紹介できませんが
「ええ〜〜!?」
と驚きの連続でした。


このような出会いもあるのです。
ご縁を感じました。


私たちが今世で実際に出会える人は有限です。

その中でも、お互いに名前を名乗り、会話をして、記憶に残る出会いは
きっと、より意味深いものに違いありません。

初対面でもそんな気がしない。
すでにどこかで出会っている?
初めてではなくすでに知っていた。

この感覚に正しいも間違いもなく、
どんな意味があるのかはを探る必要もありません。

感じたものをただ受けとり
その先は大きな流れに委ねるだけです。


「ご縁のある方とは出会う事になっている」

どなたかの言葉を実感した一日でした。


『出会う人・出来事・情報・感覚・感情…全てがギフトだとしたら?』








| 2019.07.06 Saturday (08:00) | アクセス・バーズ | comments(0) | trackbacks(0) |
大好きよー!アクセスバーズギフレシ会
アクセスバーズを学んだ後は

学んだ同士でセッションをし合うギフレシ会が待っています。

お互いにギフト(与え)し、レシーブ(受けとる)し合うから『ギフレシ会』

この会は学んだ人なら誰でも主催と参加ができます。


長くバーズを続けてきた人も
学んだばかりの人も
その場では完全に横並びの関係。


枠組み(ルール)なく
その時々の顔ぶれで
その日の進め方を決めていきます。


もぐもぐタイムも充実していて
セッションもたくさん!
毎回楽しみで、そして実際に楽しい時間です^_^






| 2019.07.04 Thursday (08:00) | アクセス・バーズ | comments(0) | trackbacks(0) |
誕生花、描いています
ある日の閃きをきっかけに
誕生花とアクセスコンシャスネスのマントラを描いています。


描こう!と閃いた時、
LINE@セッションルームポレポレで
「あなたの誕生花を描きます。受け取ってくださる方はいますかー?」
と呼びかけて募集してみました。

思っていたより希望者が多くてびっくり!

それから時間を見つけては
少しずつ描いています。



描いてみてわかったのは
一枚を描き終えるには
思っていた以上に時間がかかるのです。

正直、私の実力では難しさもあり
たぶんこれは
無謀な選択なのかもしれません。


けれど…
求めて下さった方を思い浮かべながら
その方のために描くという行為。

実際にやってみると
こんなに満たされた気持ちになるものかと
安らぎを感じています。

実は自分のための時間。
これからも少しずつ描いていきます。



*ブログでは募集していませんのでご了承下さい。

*LINE@への登録はこちらから(^o^)br />








| 2019.07.02 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年7月のスケジュール



セッションルームポレポレの7月のスケジュールをお知らせします(^o^)



7月のセッション可能日と各クラスの開催日は以下からご確認下さいね。
*詳細はこちらのカレンダーから確認できます。



2日(火):午後
3日(水):午前
4日(木):午前・午後
5日(金):アクセスバーズクラス【滝川市】
8日(月):午前・午後
11日(木):午前・午後
12日(金):午前・13:00〜「創造する!もっと時間をもっとお金をもっと歓びをクラス」
16日(火):午前・午後
18日(木):午後
20日(土):アクセスバーズクラス【滝川市】
22日(月):午前
25日(木):午後

26日(金):13:00〜「創造する!もっと時間をもっとお金をもっと歓びをクラス」
29日(月):午後
30日(火):午後
*アクセスバーズ1dayクラス(申込みフォーム)

*創造する!もっと時間をもっとお金をもっと歓びをクラス(申込みフォーム)

*遠隔セッション(ボディートークのみ)は随時受け付けています。


お問い合わせ先
mail:c.kura3646@gmail.com
tel:090 2053 0831




| 2019.07.01 Monday (08:00) | ポレポレのスケジュール | comments(0) | trackbacks(0) |
もう平等でなくていい
教員をしていた頃、子どもたちをどう呼ぶのかは私のこだわりの一つでした。


私は養護教諭でしたから、全校の子どもたちに広く関わる立場でした。
できることなら、どの子にも平等に関わっていきたいと思っていました。

けれど実際には、関わりには差が生まれて来ます。

毎日保健室に顔を見せる子もいれば
具合いが悪くても保健室には来ない子もいます。

子ども側の必要度によって、どうしても関わりの密度に濃淡が生まれてくるのです。


Aさんにも、Bくんにも、Cちゃんにも平等に関わるには?


その答えの一つが、一人一人の名前を呼ぶ時に平等に敬称をつけることでした。

それなら全員の子どもに平等に接することができるからです。
逆に全員をニックネームや呼び捨てで呼ぶというのもあると思います。
授業と休み時間でメリハリを付けている教員もいます。

子どもをどのように呼ぶのかを通して、子どもたちへメッセージを伝えることになるわけです。


私の選択は、名前を呼ぶ時は全員敬称をつける、でした。
子どもたちにとっては少しよそよそしさや距離感もあったかもしれませんが、私なりの平等の表し方でした。


その一方で、保健室の一対一の場面では平等ではいませんでした。
何故なら子どものニーズが、一人一人みな違っていたからです。

例えば
時には温めた牛乳を飲ませたり、ゆっくりベッドで休ませたり、話を聴くことが必要な場合があります。

その時はそうするのです。

このようなバランスの中で過ごしていました。



現在は、訪れて下さるお客様は常に一対一で関わらせて頂いています。
立場を考えて、平等を意識する必要もありません。
いつでも一人一人のニーズに応えて、オリジナルに関わる事ができます。

この関わり方を求めていたのかもしれません。
今、大きな枠組みから離れ、自由になっていると感じます。






| 2019.06.30 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
カフェ「ふふ」さんの心地良さはどこから?
滝川にオープンした素敵なカフェ「ふふ」さん。

店主の冨美さんはいつも枠組みなく自由なんです。


昨日は冨美さんの顔を見にカフェに寄ってみました。
お腹は空いていなかったので
オーガニックジュースを注文しました。


でもやっぱり曜日別プレートも食べたいなぁと思い
「少ない量で味見だけさせてもらえる?」
とわがまま言う私。


「いいよ、わかったー!」
とすぐに現れたのがコチラです(^o^)



小さなプレートに少しずつ。
木曜日のプレート。
・キャロットピラフ
・おからのコロッケ
・大学いも
・青菜と人参の炒め蒸し煮
・ひよこ豆のサラダ
・玄米スープ

お腹いっぱいでも
体が喜ぶから食べれちゃうんです。

この小さなプレートは
「お子さまプレート」として
希望の方にはお出しできるようです。
ふふさんの新メニュー誕生(笑)


ふふふ。
自由だなぁ。




| 2019.06.28 Friday (07:00) | 小森ファーム | comments(0) | trackbacks(0) |
奇跡の日々
私のものの見方(観点)と
今目の前にいる人のものの見方は
100%異なっている

この前提でいれば

なかなか分かり合えなくても
それが自然で当たり前

分かり合えたと感じたなら
それは奇跡的なこと



出会い、語り、笑い合う…

当たり前のように過ぎて行く毎日は
実は奇跡の日々。


今日はどんな奇跡が現れる?






| 2019.06.27 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT