ぽれぽれ号の旅

北海道滝川市から人生の新たな選択と可能性につながるボディートーク&アクセス・バーズを発信しています
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
トイレの異音が気づかせてくれたもの


我が家の水洗トイレ。
水を流すと異音がする!と気づいてから約二週間。

その音は便器の奥から聞こえて来るので
大ごとになる前にメーカーに問い合わせてみました。


驚くことにその異音は便器からの音ではありませんでした。

なんと「手洗い台から」というのがメーカーの見解だったのです!


え?手洗い台?
いやいや音は便器の奥から聞こえて来ますが…

ん?あれ?
手洗い台に耳を近づけてみると
確かに排水管の奥の方から聞こえてくるような…

いや、確かにそこから音が聞こえる!

異音はメーカーのいう通り
手洗い台の部品の劣化が原因でした。


この出来事から
一度結論を持つと
その時点で他の選択がなくなることを経験しました。

異音は便器からと結論づけしていると
不思議と音はそこからしか聴こえなくなります。

ところが、手洗い台かもしれないと意識を向け始めると
音は確かに手洗い台から聞こえて来ます。


聞こえる音や見える現象、匂いや味や肌感覚も
体が受けとっているものは全て気づきを促すサインだと頭で理解していても
実際は大いに結論づけていたわけです。

「思い込みや決めつけを持たなければ
体は他の選択に気づかせてくれる」
改めて五感(体)からのサインを受けとる意欲を確認した出来事となりました。














| 2019.07.21 Sunday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
わかり合える感じ合える


先日、母と話をしていて
とても久しぶりに「わかり合えた」と感じた日がありました。


実は最近の母との会話は
その日の予定の確認や伝達など
「必要な」内容が中心になっていました。

少しずつ物忘れも現れているので
◯◯してね
◯◯しないでね
など生活上のお願いごとが多くなるのです。


先日は父との思い出(出来事)が話題になり
その時に私が感じていたこと、母が感じていたことを
初めて語り合いました。

全体としては話があちこちに脱線して
今となっては何を話したのか忘れているくらいですが

会話を通して確かに母の感情に触れて
共有できたと感じたのです。


普段少しでもわかりやすいようにと
内容を整理して伝えていますが
それとは全く違う感覚でした。


理屈では伝わらなくても
もっと深い場所でならわかり合える
・・・
わかり合えるというよりも
「感じ合える」
そこに希望を感じた日になりました。



相手にわかってもらおう、わからせようとすると、時に「正しさ」の押しつけになります。
(今、私が母にやってしまいがちな事)

理屈で伝えようとしなくても
日々を心地よさや安らぎで暮らすための
コミュニケーションのヒントだと感じました。











| 2019.07.20 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
想定外も全て変化への兆し〜バーズセッションのご感想


アクセスバーズのセッションを受けた方から
セッション後のご報告があったのでご紹介します。


この方は
「最低でも良いマッサージを受けたような深いリラックス、最高なら人生変わるかも」
というバーズの紹介フレーズに惹かれて
バーズのセッションを選択して下さいました。


ーーーーーー

先日はありがとうございました(^o^)

憑き物が取れた…?のか、
あまりあれこれ考え過ぎることがなくなったように思います。

びっくりしたのは、
股関節の可動域が施術前より広くなっていたことです。

もともと骨盤の被りが浅い?とかで
ここ数年痛みがあり、動かしにくいことがあったのですが
いつもよりもスムーズでびっくり!!

そうそう…
セッションから、2日くらい経った頃ですが
早朝に突然号泣して目覚めたことがありました…

横で寝てた夫もビックリ!!
変な夢でも見たのかと、ひたすらわたしの背中をさすってました。

それからはさらにスッキリです。

ーーーーーー


あれこれ考え過ぎる事がなくなり
なぜか股関節の可動域が広がり
なぜか早朝に号泣する

そのどれもがご本人にとっては想定外だったようです。

今はそれらを良い変化への兆しと捉え
ご自身をただ観察して下さっています。


人生がどう変わるか。
それは結論づけたり決めつけることをしなければ
本人の認識や予想を遥かに超えた現実として
現れて来るものだと感じています。










| 2019.07.18 Thursday (08:00) | お客様のご感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
中心から現れた屋久杉の珠
今から6年ほど前
屋久杉磨きのワークショップに参加しました。


屋久島の海岸へ自然に流れ着く朽ちた屋久杉。
今ではとても貴重で、なかなか手に入らないそうです。


あの日は何時間も時間をかけて
ただただ磨き続けました。

荒い紙ヤスリから徐々に細かいヤスリへと10段階。

磨いていくうちに
荒削りの屋久杉の中心から現れた
屋久杉の珠。









私の手のひらにしっくり収まり
握っているだけで
気持ちが落ち着いてくるのです。



皆さんが我が家に来た時には
ぜひそっと握ってみて下さいね。

ご希望があればいつでも!









| 2019.07.16 Tuesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
江部乙駅カフェ うたずき合唱団2019

江部乙駅カフェにてうたずき合唱団、歌って来ました。

駅カフェは滝川市のまちコミ隊女子部というグループが
『小さなお子さんから学生さん、お年寄りまで楽しめる時間を紡いでいけるように、コミュニティづくりをしていきたいと企画している』とり組みです。
*Facebook「ページ 駅カフェ」より


駅カフェスタッフの方がお声かけして下さり歌わせていただいたのです。


駅カフェは昨年のクリスマスに続き2度目の参加でした。


今回もその場で出会った皆さんと、和気あいあいの時間を共有させていただきました。

そして、自分たちが朗らかに純粋に楽しんでいる事が音楽を通して伝わる!
その可能性を改めて感じた次第です。


歌った曲目は
・上を向いて歩こう
・故郷
・朧月夜
・新江部乙小唄
・見上げてごらん夜の星を
・花(アンコール)

今回は、江部乙地域で歌い継がれて来た「新江部乙小唄」をスタッフからリクエストされていました。

この曲を地元の皆さんと一緒に歌えたのが、私たちにとって新鮮な体験となりました。

このような形で私たちが歌うことがきっかけとなり
曲を知って頂く一助になればとても嬉しいです(^o^)


これから先、うたずき合唱団はどこへ向かって行くのか自分たちにもわかりませんが(笑)
楽しんで活動して行きますので
これからもよろしくお願いします!



前日、参加メンバーで練習しました。
練習ともぐもぐタイムの割合は一対一!笑

いつでも無理せずマイペースです。




会場のJR江部乙駅



毎月第二日曜日に駅カフェは開催されています。



本番〜!



動画:登場〜上を向いて歩こう









| 2019.07.15 Monday (08:00) | うたずき合唱団 | comments(0) | trackbacks(0) |
イメージ豊かに


私は普段ご飯を作る時は
冷蔵庫にある食材を見てメニューを決める派デス。

このやり方だと
何か献立が浮かんでも
不足する食材があったりして
あらら…となる場面も多々ありますが

その時に大切なのがイメージのチカラ(笑)

今ある食材で、和洋中にもこだわらないで
名もなき食卓をいかに生み出すか!
イメージ、想像力が問われますね。


そんな毎日なので
彩り、味つけ、栄養のバランス、盛りつけなど
ピカーっと閃いてイメージ豊かに浮かんだ時と

もやもやしてピシッと決まらないまま調理に取りかかった時

食卓の風景は全く別世界になります(^^;;



事を進める時、それが何であっても
「イメージする」というのは大切なスタート地点だと考えています。

料理なら目の前の食材を
焼くのか煮るのか揚げるのかそのままなのか
そのあたりをイメージするところから始まり
切り方、味付け、栄養のバランス、盛りつけ方
そして食べている自分や家族の表情や言葉まで
イメージはいくらでも広げる事ができます。

それらを迷わずイメージできた時は
料理もさくさくっと進んでストレスがありません。

迷いながら作り始めた時は
作っていてもストレス満載(笑)
料理が苦痛になって来ます。


料理に限らず
イメージが楽に広がり全体像や見通しが見えて来るものを選択している時
事はスムーズに進むと感じます。

私はこの感覚を大事にして
日々のさまざまを選択したいと思っています。


ちなみに写真は
お料理上手の友人宅の台所です。
調理器具たちが生き生きしていて
いつも感動〜。

彼女の料理への喜びの波動が
伝わって来ます(^o^)








| 2019.07.13 Saturday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
何だか泣けてしまうセッションのビフォーアフター


アクセスバーズのセッションをした後
目がパッチリと大きくなり
顔の印象が変わる方がいます。

いえ、かなりたくさんの方に
何かしらの変化が現れます。


そして私は毎度
「セッション前の顔写真を写しておけば良かった〜」
と思うのです。
でもいつも忘れてしまいます。


先日
「あ!写メを撮らせてもおう」
と突然思い出し、セッション前にご本人の携帯で撮影をさせていただきました。

セッション直後に再び撮影。
画面をスライドして確認したところ…

「全然違う〜!?」
とご本人がまず驚き
続いてどれどれと見せてもらった私も
「本当に全然違いますー!」
と大きな声をあげてしまうくらい
バーズの前と後では
表情が全く違っていたのです。

まさにビフォーアフター!

びっくりしてしまって
二人で何度も写真を見比べていましたが
そのうちだんだん泣けて来ました。


自分で感じていた以上に
実はとっても頑張っていて
心身が疲れていた事
そしてすでにそれらは安らぎに変わった事を
二枚の写真から感じました。


アクセスバーズのセッションは
『最低でも良いマッサージを受けたようなリラックス、最高なら人生変わるかもしれません』
と言われています。

頭部にそっと触れるだけの
優しいセッションです。




| 2019.07.12 Friday (08:00) | お客様のご感想 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドラム式洗濯機は水平移動で!!
ドラム式洗濯機の扱いについて、お役立ち情報です。

先日我が家の洗濯機の排水ができなくなり、新しく購入することになりました。
その件についてFacebookでは2回投稿しましたが、こちらでは後半の内容をそのまま載せますね。

ーーーーーー

先日洗濯機を格安で購入できまして…
すでに設置も終わりました。

ストレスなく洗濯できるとホッとしますね(^o^)


ところで、設置しに来てくれたお兄さんから聞いた件が
えーーっ!と目からウロコ情報だったのでシェアしますね。

ドラム式を使っている方は知っておくと良いかもです。


それは今回の故障の原因についてです。

ドラム式洗濯機は「決して」傾けてはいけない事を皆さんはご存知でしたか?

中のドラムはかなり重量があり、その割には支えは弱く、
ほんの少しでも傾けるとすぐに軸がズレたりなど
故障が起きる可能性が大きいそうです。

引っ越しなどはもちろん
ほんの少しの移動であっても
移動時は専用の部品で
「必ずドラムを固定」する必要があるという事です。

私はポケットティッシュを洗濯した事が故障のキッカケになっていると思っていましたが
その可能性はほぼ考えられず

直接のきっかけは
半年ほど前に斜めに傾けた状態で移動したためだろうと
指摘がありました。


ちょっとの移動であっても
「絶対に」「ほんの少しでも」
斜めにしてはダメだなんて
全く知りませんでした!

プロのお兄さんたちは
移動用部品を外した後は
水平移動を徹底していましたよ〜!!
ーーーーーー

年明けに浴室をリフォームした際
工事の邪魔になるからと洗濯機を移動したのです。

結構おおざっぱに扱った記憶があります。
その時のダメージが今、現れたらしい。

なるほど!と腑に落ちました。

Facebookではたくさんコメントもいただきました(^o^)







| 2019.07.11 Thursday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
「何もしない、ただそこにいる」というあり方で
今年4月からひと月に一回程度
小さな小学校で勤務しています。
そこで感じている事を少しお伝えします。


学校は児童数によって職員の配置が決まっていて、規模が小さくなると養護教諭の配置はなくなります。

そのような小さな学校で
先生たちが保健に関わる面で困らないよう相談にのるという趣旨で
養護教諭経験者を配置する制度があるのです。

その制度によって、今年度はある小学校に通わせてもらうことになりました。


実はこの話が私の元へ来たのは
月に一度の勤務という条件に合う方がなかなかいらっしゃらず
いよいよ困っての打診でした(^^;;

けれど私はこの話を聞いた瞬間に
すぐに引き受ける事を決めました。

このような形でまた子どもたちに出会えるだなんて幸せ!
その上、月に一回は今の私には無理のないぴったり来る条件!
断る理由はありませんでした。

ただ一つ
久しぶりの学校現場で
今更私にどんな貢献ができるのか
そこは全くわかりませんでした。


そんな中、4月から勤務がスタートしたのです。


先日は5度目の勤務日でした。
基本は子どもたちをただ見守り、深くは関わりません。
そのような立場だからです。


では、その立場で私にできる貢献は?
たぶん答えは「ただそこにいる」という事だろうと少しずつわかって来ました。

何もジャッジせず
誰かに承認される事も求めず
ただそこにいること。

そうしていると
今、何を優先して選択すべきか
瞬間瞬間おのずとわかると感じています。

子どもたちとの距離感や先生たちへのサポート内容も
現れる現実に自然に沿いながら居させてもらう…そんな在り方です。


以前教員をしていた頃は
今よりずっと多くの事を結論づけながら
私は子どもや同僚を見ていました。

いつでも頭の中で答えを探して
良い悪い、正しい間違いを
判断していました。

それは周りの人や自分自身を
窮屈な枠組みに当てはめようとする在り方だったと
あの頃から少し時間をおいたからこそ気づかされます。

もうしばらく、素敵な小さな小学校で
素敵な子どもたちや先生たちと過ごさせていただきます。



写真は旭山動物園への見学旅行に同行した際に写したものです。

動物たちはノージャッジ。
ただそこに存在するだけで、素晴らしい貢献です。















| 2019.07.10 Wednesday (08:00) | 徒然 | comments(0) | trackbacks(0) |
長いトンネルの先に
トンネルを抜けると





そこは空と雲だった。




昨日は久しぶりに汗ばむ陽気の一日でした。

夫の運転で高速を走り
義母の元へビューンと往復してきました!



わずか2時間あまりの滞在は
妹夫婦も一緒に
みんなでたくさんしゃべって笑って
いろんな思いのギュッとつまった時間を過ごすことができました。



今日は良い天気だと季節を感じ
美味しい美味しいと食事をいただき
元気で良かったとお互いの無事を確認し合う。
そんな風にただ普段通りに自由に過ごせる幸せを家族で語り合う。


そんなささやかな事が幸せそのもの。


これが長いトンネルを抜けた先に
私たち家族の見ている景色です。






| 2019.07.07 Sunday (08:00) | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT